【帰国後ブログ・2019年8月モンゴルスタディツアー】モンゴルはまるで夢の中にいるような世界だった~VOL.8~

もえ
サインバエノー!モンゴルスタディツアーに参加した萌です!ずーーーっと行きたかった念願の国モンゴルに行けて心がホクホクし続けてます♡

「モンゴルはまるで夢の中にいるような世界だった」

モンゴルは私にとって忘れることのできない国になりました。

小さい頃からずっとずっと行きたかったモンゴル。他の海外には興味なかったけど、何故か「いつかあの壮大な草原に行きたい!」と漠然と思い続けていました。
MOTI projectでモンゴルスタディツアーを4年前に立ち上げたけど、集客がうまくいかず企画倒れになってしまい…でも、いつか絶対に大好きなスタディツアーで素敵な仲間たちと大草原の世界に行きたい!と思い続けて、4年越しに最高のタイミングで行くことができました。

フリーダムでハプニングも笑いに変える最強に大好きな仲間たちに出会えたこと。

そんなみんなと360度、空の青と白い雲と緑の大地しか見えない大草原を馬で駆けて抜けて全身でモンゴルの風を感じたこと。

もう、私の頭の中にずっとあった”モンゴルに行く夢”を理想以上の形で今こうして叶えることができて、ただただ幸せでした!!!!
心のタンクが満タンになる感覚!
幸せすぎて夢を見ているのかな?と錯覚するくらい素晴らしい世界にいました。

この2019年8月に大好きなスタディツアーでこの仲間たちと一緒にモンゴルに行けて本当に良かった!悔いは一切ないです!

普通のツアーや個人旅行で行けるじゃん、と思うかもしれないけど、私はスタディツアーの「今の自分の為に新しい世界に挑戦できるカッコいい仲間たち」×「普通の旅ではできないような特別な体験を自分たちで生み出せる」この唯一無二のスタイルが好きで好きで、どうしてもスタディツアーで行きたかったんです!!

きっと、あの時企画倒れになったことも、このタイミングの為だったんだな〜
本当に無駄なことは人生にないのかもなんて思ったり。

“観光重視”の普通の旅に物足りなさを感じている方!
そんなあなたに超絶ぴったりなのが MOTIprojectのスタディツアーです!!
メンバーが書いたブログや写真を見て少しでもピンッと来たら是非このタイミングでモンゴルに行ってほしい!
それだけで行く理由になります!!

長くなりましたが、これが私がモンゴルに行った率直な感想です!
私からはスタツア最終日の夜と帰国日について振り返っていきます。

「モンゴルの夜はまだまだ続く…」

モンゴル最終日も朝から晩まで盛りだくさんでした。
ラストディナーを食べて、帰りにスーパーに寄ってお買い物をしてから既に私たちのホーム感のある別荘に20:30ごろに到着。
昨晩も深夜まで寝れなかったり、今までの旅の疲れもあって正直みんなお疲れ状態でしたが、最後に旅の振り返りをしよう!ということで23:00ごろまで休憩して再度集まることになりました。

全員で過ごす最後の夜ですもんね!気合い入れるぞ〜
ベッドの誘惑と闘いつつ、シャワーを浴びたりメッセージカードを書いたりと自由に過ごしました。

23:00過ぎにリビングに集まって、日本から持ってきたお菓子を広げて現地のスーパーで買ったヨーグルトで乾杯!完全にパーティーの状態で最後の私たちだけの夜が始まります!

が、みんな相当お疲れのようで序盤は皆黙々と目の前のお菓子を貪っていました…
そこで突然、みんなが立ち上がり!何かな?と思いきや、奥の部屋からバースデーケーキとバースデーグッズが登場!

事前に、メンバーのよしおのバースデーをお祝いすると聞いていたので「おめでとう〜」と言いながら写真を撮っていたら、メンバーから「いや、あんたもだよ!!」とつっこまれ、誕生日が近かった私もサプライズでお祝いしてもらいました!わーーーい!!!ありがとうございます!

リーダーからお手紙を頂いて、メンバー1美声のよしおが自分の分と私の分を読み上げてくれました。いい声すぎて内容入ってこなかったけど、想いのこもったお手紙嬉しかったです!

お次は我らがリーダーへのビッグサプライズ!
突然電気を消し、こーへーの目の前にパソコンを置いてみんなで作ったムービーを流しました。
BGMの「糸」の一節をみんなで歌い紡いでいき、これまでの活動の写真や動画、感謝の想いが詰まっています。
私とモッティさんのクリエイティブチームでリーダーに見つからないようにみんなが歌っている動画を草原で撮っていたんです。ふふふん!
こーへーが MOTI projectに出会っていなかったら、リーダーに挑戦してくれなかったら、私たちは今こうしてモンゴルで大好きなみんなと出会うことはできなかったはず。

1人の大学生の想いから生まれ、奇跡のような様々な出会いを紡いでいく。普通に過ごしていたら出会えないみんなとこうして巡り会えるスタディツアーって素敵すぎますよね…!

ムービーの後はメンバー1人1人から感謝の言葉を伝えました。
私はもう、想いが溢れて溢れて。1人だけ涙が出てしまって。そのくらい、自分の中でモンゴルの日々は宝物になったんだなぁと実感しました。
こーへー、最高の時間を作ってくれて本当にありがとう!!
帰国後展までまたこれから頑張ろうね!

そして最後に!出発前から最高のサポートをしてくださったコーディネーターのモッティさんにメンバー達からサプライズムービー!
こちらもこっそり撮影して作ってました〜!
3年ぶりにスタツア一緒に行けてよかったです!ありがとうございました!!

今までのブログに書いてあるように、短い日程だけど、メンバー全員に毎日サプライズをしかけてきました。
みんなが喜んでくれる姿はとっても嬉しい〜!こういう誰かの為に全員で計画したり、幸せと驚きがたくさん詰まったスタディツアーが大好きです♡
バックパッカーやパッケージツアーではできない、仲間がいるからこその体験です!

その後はツアー中に撮った動画をみんなで見て笑ったり、懐かしんだり。
まだまだみんなと過ごしていたいのですが、翌日朝4:30(!)には空港に出発しないといけないので、ここでお開きに。

残りのメッセージカードを書いたり、2時間だけ仮眠をとったりしながら、いよいよモンゴルを発つ時が近づいていきました。

「寂しすぎるお別れと帰路」

早朝3:30に目覚め、最後のパッキングを終え、いつも私たちの専用バスを運転してくれた運転手さんの最後のドライブで空港へ。朝早くから最後までありがとうございました!バヤルララー!

1時間ほどで空港に到着し、チェックインへ向かいます。が、ここでメンバーのアミが現地に残る為お別れです…
モンゴル人で参加してくれたアミ!日本語がとっても上手で出発前から何回も私たちを助けてくれました!

みんなでアミにハグ!この時握ってくれた手がすごく温かくて、お別れが寂しくてちょっと泣いちゃいました…
日本でまた会おうね!

そして、私たちの旅をコーディネートして下さり、たくさんお世話になった現地コーディネーターの長岡さんともお別れです。

素晴らし過ぎるドローンや写真の数々、ありがとうございます!またモンゴルに戻ります!

チンギスハーン国際空港は結構小さめの空港なのでチェックインカウンターは大混雑でカオス状態!お土産を買いすぎて重量オーバーが心配でしたが無事にチェックイン完了!
と、ここでメンバーのあかねは別のフライトなのでお別れに…気をつけて帰ってね!

搭乗時間まで時間があるので、空港を探検したり余ったモンゴルトゥグルグで雑貨を買い足したり。

7:45についにモンゴルを出発!今すぐ飛行機を飛び降りて草原に帰りたい気持ちでいっぱいでしたが、眠さに勝てず離陸前に爆睡でした。また来るね〜!
13:40、約5時間のフライトを経て成田空港へ到着!
5時間で直行便で行けるのでモンゴルとっても近い!

入国し、スーツケースを取ったら到着出口でみんなで集まって最後のミーティング。
眠い目を擦りながらメンバーそれぞれが書いてくれたメッセージブックを頂きました!
みんなからのメッセージを読んでは嬉しくてニヤニヤしちゃいます〜みんなありがとう!宝物がまた増えました!

そして、1人1人がこの旅で一番印象に残っていることを簡単にシェアしていきました。
それぞれ色んなことを感じていたり、なるほど!そんな風に見てたんだ!と思うことがあったり。みんなのアウトプットを聞くだけでも面白かったです!
私がシェアしたことはこちらのブログから

【残り4名!10月3連休開催MOECAMP】You are what you eat!食にこだわりを込めたキャンプです!

2019年8月26日

最後にみんなでパシャリ。

あああ〜〜お別れしたくないな〜名残惜しい気持ちでいっぱいです。
スタツアの帰り道ってエモいんですよね。ずっと誰かが側にいたのに急に1人になると、旅の日々がとても愛おしく感じてきます。

そ・こ・で、私からみんなに最後のサプライズ!
じゃじゃーん


旅の思い出がぎゅっと詰まったムービーです。実は帰りの飛行機の中で作ってました!
BGMはモンゴル800の「あるがまま」です。草原にいる時のように、そのまんまで輝くみんなでいてね。という想いを込めています〜!
よかったら皆さんも見てみてください!

まとめ

メンバー全員の愛にたくさん触れた最終日でした。何回ありがとうと伝えたんだろう。
他の団体のスタディツアーは分からないけど、こんなに誰かが誰かの為に動いたり大きさ関係なく幸せや感動を生み出し続けるプロジェクトって他にはないのではないでしょうか!

普通にモンゴルに行っただけでは手に入らなかった出会いや目に見えないけど記憶に残り続けるたくさんのお土産を、モンゴルから、出会えたみんなから与えてもらい、私の心は、身体は幸せな気持ちで満タンになりました。

事前学習で交流はあったものの、仲が元からよかったわけではない私たちがこうして仲間になれたのは、きっとモンゴルの広大な大草原と広い心のモンゴルの方々に触れて、自分自身を飾らずにあるがままに解放できたからなんだと思います!
日本にいても年齢や肩書きに囚われず、自分らしく生きていきたい!
そして自分自身を包み隠さず、色んな相手も受け入れて愛せる人になりたいなと思いました!

次の人にバトンタッチ!

長々と最後まで読んで下さりありがとうございます!
モンゴルって日本から近いし行きやすい、治安も安定しているし、日本が大好きな人がたくさんいるし、何より草原とゲルの暮らしは素晴らしい!遊牧民の生き方が本当にカッコよかった!
「マイナーで行く人が少ない」イメージがあったけど、そんなの払拭するくらい魅力たっぷりの国でした。
逆になんでみんな行かないの⁇⁇と思うほど、もっとこの国の魅力が広まってほしいと心から思います。

みんなが選ばない国に行ったっていいじゃないですか!
常識に囚われたり、周りと同じことやるよりも、新しい世界に飛び込んだり、新しい出会いをたくさん紡いでいく人生を歩んでいきましょうよ!
理由はなんだっていいから、とにかく「やりたい!行きたい!」とウズウズしたタイミングで是非一歩踏み出してみてくださいー!

夢のような大草原があなたを待っています!

次回のブログは現地で行った各企画についてまとめてご紹介します!
お楽しみに!

過去のレポートを見逃したあなた!

【帰国後ブログ・2019年8月モンゴルスタディツアー】 モンゴルは力強く生きることを教えてくれた場所 ~VOL.1~

2019年10月12日

【帰国後ブログ・2019年8月モンゴルスタディツアー】目の前に広がる大草原!遊牧民と大地を駆け巡る乗馬体験!~VOL.2~

2019年10月12日

【帰国後ブログ・2019年8月モンゴルスタディツアー】自分の目でモンゴルを見て!ネットで調べたことは自分の中に落とし込めない~VOL.3~

2019年10月12日

【帰国後ブログ・2019年8月モンゴルスタディツアー】Anotherskyになった国モンゴル。日本で被ってた自分の殻は大草原に置いてきた!~VOL.4~

2019年10月12日

【帰国後ブログ・2019年8月モンゴルスタディツアー】モンゴル人に今まで私が見ていた世界を変えられました。~VOL.5~

2019年10月12日

【帰国後ブログ・2019年8月モンゴルスタディツアー】キャベツを忘れた!?モンゴルでたこやきパーティー!~VOL.6~

2019年10月12日

帰国後の報告会を2019年12月1日東京で開催決定!

限定35名のイベントです。モンゴルスタディツアーの事はもちろんスタディツアーで体験した事やモンゴルの今をお伝えします!
テーマは令和×サスティナビリティ!持続可能な未来を共に作っていくために!私たちは文句を言わず立ち向かい行動していく!
大学生生活での迷いややりたい事が無い自信が無いなど言っている場合ではなく!行動する事で何かを変えていこう!
そのキッカケとなるイベントになるように一生懸命作っています。是非ご参加下さい。

詳細は下記のブログへ!

【限定35名をイベント招待!】大学生よ行動を起こせ!令和×サスティナビリティ!12月を締めくくる大学生による大学生の為のイベントです!

2019年10月11日

Facebookページでほぼ毎日情報配信中!
【無料メール講座】MOTIProjectのスタディツアーが毎日1分で読める!

 

MOTI
分かりやすくメールでMOTIProjectのスタディツアーを紹介するメール講座を作りました!通学中などに効率良く!毎朝届きます♪

mail