【2020年3月アフリカスタディーツアー参加者募集中!】何をするの?活動内容を紹介~6日目編~VOL7

nanako
ジャンボ!昨日ぐらいから”インスタの広告を見て興味が湧いた””魅力的なスタツアだ””などの御言葉をいただき始め、心がジーンと温まっているリーダです!(笑)ご応募くださった方、ブログを見てくださった方本当にありがとうございます!でもまだプロジェクトは始まったばかり、、Influencerを目指して頑張ります!

ライオンキングの世界?タンザニアの”Wild”

アフリカと言えば どんな光景が一番に思い浮かびますか?

私もなんですが、多くの人はこんな光景を思い浮かべるのではないでしょうか?

そう!!サファリです!!私の予想は当たってましたか?!

実は、、”アフリカでは野生の動物が人と同じように歩いている” という認識は間違い!
アフリカの家畜ではない、いわゆる 野生動物は国立公園や保護区域にしかほとんど存在しなく、人間の影響を受けない、ジャングルの生態がそのまま受け継がれています!!

だから!【サファリの本場】と言われるのです!アフリカの中でもタンザニアのサファリは 格別だと広く知られています。

人間が住みやすいようにどんどん建築が進み、それに比例して動物が珍しくなり、より動物園などの人間が管理する施設が重宝されていく、、

こんな時代だからこそ、アフリカの国立公園は貴重な場所です!

今回はマサイの方がお勧めする国立公園と保護地区合わせて二か所に行くことができます!

まず6日目に訪れるのはセレンゲティ国立公園です。

セレンゲティ国立公園へ

セレンゲティとはマサイ語で”果てしなく広がる平原”を意味し、その名の通りキリマンジャロのふもとに広がる広大なサバンナです。

一番の見どころは150万頭ものヌーの群れの大移動。それだけでなく、一緒に移動するシマウマや、ゾウ、キリン、バッファローなどの大型哺乳類や500種もの鳥類など、多種多様な動物に出会えます!!

果てが見えない広大な土地に存在するのは 私たちと野生動物とガイドさんのみ!そして目の前に広がるのはあのライオンキングの世界!!

この贅沢な体験をご堪能あれ!!!

サファリ堪能後はジープの天井を全開に開けて、サバンナを疾走することも!全身で風を切ってするドライブは絶対にきもちい!!

夕方は国立公園内で特別キャンプ

見てください、このアフリカの夕暮れ!!太陽が近く、地平線におちていく様子は圧巻です!

日が落ちた後にも 自然は楽しみを私たちに残してくれます。満点の星空!!

写真では申し訳ない、星あるあるでそのままにはお見せできないので、是非体感していただきたいです!!

 

お疲れ様でした!

明日は自然保護区域にいきます!また違った光景があなたを待っているかも??

 

nanako
ここまで読んでくださりありがとうございます。興味をもっていただけたら、是非お気軽にお問い合わせください!!

私が企画しているアフリカスタディーツアーの詳細はこちら!!!

費用やスケジュール魅力など、全てこちらから見ることができます。

【無事に終了しました!】2020年3月アフリカスタディツアーの魅力はすべてここを見ればわかる!

2020年1月6日

詳しい詳細をオンライン説明会でざっくばらんに聞こう!それから単純に色々聞いてみたい方はLINE@へ!

 


【参加可能なのスタディツアー詳細】

※現在は次回の開催に向けて新しい挑戦をスタートしています。

Facebookページでほぼ毎日情報配信中!
【無料メール講座】MOTIProjectのスタディツアーが毎日1分で読める!

 

MOTI
分かりやすくメールでMOTIProjectのスタディツアーを紹介するメール講座を作りました!通学中などに効率良く!毎朝届きます♪

mail