【帰国後ブログ・2019年8月モンゴルスタディツアー】 モンゴルは力強く生きることを教えてくれた場所 ~VOL.1~

KOHEI
 サインバイノー!
モンゴルスタディツアーリーダーのこうへいです!帰国後ブログ第1発目は出発前オリエンテーションからモンゴル到着、そして初日の夜までを書きたいと思います!!

 

 モンゴルは力強く生きることを教えてくれた場所

僕が感じた一番の事は

モンゴル人は自国に誇りと愛を持ち、その地で力強く生きているということ。

それは大草原で暮らす遊牧民においても、都市で暮らす人々においても同じことです。これは自分には大きく欠けているものだと思いました。自分たちがとても恵まれた環境にいることに気づいていない人も多いかも知れません。

僕はこの地に行き感じたこと全てを忘れずに、力強く生きていこうと思います。

出発前のオリエンテーションでチーム力アップ!

7月27日 出発前オリエンテーション!を行いました!その様子を詳しく書いたブログはこちらから↓

【2019年8月モンゴルスタディツアー】出発前オリエンテーションを行いました!!

2019年8月2日

実際に参加者と会って話す事で色々なイメージを付ける事が出来ました。
たこ焼きを実際に現地にやる前に手順なども想像しているのとやってみるのとでは違うことを痛感しました。
また、ぶっつけ本番はとても危険!だからこそ事前の準備が本当に大切なことを学びました。

実は参加者全員が顔を合わすのはこれが初めて。関東組は実際にオフィスに集まり、地方組はオンラインでの参加!他のツアー参加メンバーはどんな人がいるんだろうという緊張感、そしてわくわく感が皆から伝わってきました!ここでは具体的な日程、持ち物のすり合わせやこのツアーで達成させたい個人テーマの発表を行いました。他のメンバーはどんな人なのか、そしてそれぞれがどんなテーマをもってこのツアーに臨むのか知るいい機会になりました!!

そして、現地で行う起業家とのパーティーの予行練習として、オフィスでたこ焼きづくり(いわゆるタコパ)!!モティさんの占いもあり、非常に大盛り上がり!

総じてとても充実したオリエンテーションになりました!!このオリエンテーションでモンゴルのモチベーションマックス!1か月後の出発がもっともっと楽しみに!!

オリエンテーション後は各自で準備を進めて、、いよいよ出発の日を迎えます。。

 

DAY1:2019年8月13日スケジュール

12:00   羽田集合!
14:40  モンゴル航空で直行便で羽田発!
19:40  ウランバートル到着!
22:00 ゲル(ナライハ)到着!

そして来る8月13日12時。全員無事羽田に集合(アミは現地で合流)!!

集合して真っ先に向かったのはタピオカで有名なあのゴンチャ。今の空港ではタピオカも飲めちゃうんですね。なんでゴンチャ?というツッコミは置いといて、、、出発目にタピオカを堪能しエネルギー補充!!

そしてそして、、、いよいよ羽田を出発!!

羽田を出発し、飛行機に揺られること約5時間(近い!)、ウランバートルに到着!!モンゴルを上から眺めるとその広大さに驚きます。そしていきなり現れる街。それがウランバートルでした。

到着してすぐに驚いたのが、とにかく“明るい”こと!夜8時近くなのにも関わらず太陽がまだ出ていて明るかったです。それに加え寒い!日本と気候が全然違うんだな~と、肌で感じた瞬間でした。

そして到着してすぐに参加者の一人、あかねにサプライズ!「あかね、祈願のモンゴル初上陸!」ということで、皆でアーチを作りその中をあかねにくぐってもらいました!参加者一人ひとりへ何かプレゼントをしたいという思いから日本から事前に一人ひとりへ考えていきました。プロジェクトを立ち上げて至らない点もあったと思うけど数ある中でこのモンゴルスタディツアーを選択してくれたメンバーには本当に感謝です。だからこそ一人ひとりの笑顔をつくりたい!そう思ってスタートからサプライズをする事にしました!

この時に私たちの便が早く着いてしまったという事と、突如空港への道路で渋滞があり、ドライバーと参加者のアミさんに会えなかったというプチハプニングがありましたが!無事に会う事が出来て!スタディツアーのメンバーが全員集合しました!

 

ここから2日間を過ごすゲル(ナライハ)にマイクロバスで移動!移動してみて早速気づくことはとにかく車の量が多い!!モンゴルには電車がないため、車が主な移動手段となります。それゆえの圧倒的車の量!!早々と日本との大きな違いを発見することができました。
車で進んでいくと都市部のすぐ近くなのにも関わらず、周りにはゲルや馬がちょこちょこ見受けられました。

暗闇の中バスで2時間ほど揺られ、ようやくゲルに到着!

夜遅いのにも関わらずファミリーの方が温かく出迎えてくれました。そこにはなんと子供の姿も!!かわいい、、、
ここにきてモンゴル初料理。お母さんが作ってくれた料理はとても美味しくて
自分はあまりに美味しすぎて夜遅いのにも関わらず大盛を平らげてしまいました。

まとめ

モンゴルらしさ”を感じることができた1日目

初日なのにも関わらず、いたるところで日本とモンゴルの違いを感じることができました。ありきたりな感想かもしれないけれど、同じアジアの国でも全く違う国んだな〜と、そう強く感じました!そして何より、モンゴル人の人の温かさを感じることができた1日目。異国の、それもこんなにも多くの大学生をすんなりと受け入れてくれる国って世界中見てもあまりないと思います。彼らの温かさに本当に感動しました!

KOHEI
ここまで読んで頂きありがとうございます!是非、最後までお付き合いください。2日目のブログは参加者のアミにバトンタッチ!

Facebookページでほぼ毎日情報配信中!
【無料メール講座】MOTIProjectのスタディツアーが毎日1分で読める!

 

MOTI
分かりやすくメールでMOTIProjectのスタディツアーを紹介するメール講座を作りました!通学中などに効率良く!毎朝届きます♪

mail