【2020年3月キリマンジャロ登山スタディツアー】 どうやってキリマンジャロに登るの?TeamMOTIならではの攻略法Part5 vol.8

konomi
ジャンボ!リーダーのこのみです!前回のブログではシラキャンプからラヴァタワーへ向かい、高度順応してからバランコキャンプへ行きました!今日は、最終キャンプ地のバラフキャンプを目指します!

そろそろみなさんも頭に入ってきたかとはおもいますが、ここまで来たら最後まで行きます!!

マチャメルートの確認です!

バランコキャンプを出発!

約4000mのバランコキャンプを出発して向かう先はカランガキャンプ!ここの標高も約4000mです!

今日の目的地は最終キャンプ地であるバラフキャンプ約4600m!

バランコキャンプからバラフキャンプまでの標高差約600mを簡単にいかせてくれないのがキリマンジャロ!さすがアフリカ最高峰!

バラフキャンプまで”一山”というか”一壁””越えなければなりません!

壁の名は。Breakfast Wall「アフリカ最高峰のウフルピークに立ちたいんならこんな壁、朝飯前だろ?」的な意味なんだろうか?おうおう言ってくれるやんけ!と思って調べてみたら、

「遠くから見ると断崖絶壁だから、怖くなっちゃって朝ご飯が食べられなくなる」というちょっぴりかわいい由来があるそうです!

いやいやいやいやいや、キリマンジャロさんそれはないわ~。それは登山者なめすぎだわ~。ここまで来て怖気づく体力すらな…ゴホン!ここで怖気づくteamMOTIじゃないですからね!!!

というよりも!もうちょっと前に怖気づきポイントたくさんあったよ~。ジャイアントセネシオってなんだよあんなの見たことないよほんとにも~。それに、怒ったMOTIさんのほうが5895倍怖い…(小声)

見た目は確かに断崖絶壁に見えますが、実際の様子はこんな感じ!いや、めっちゃ笑顔~~~!!!

皆さん結構涼しい顔して壁越えてます!!

自分で勝手に決めた印象だけで挑戦しないっていうのは本当にもったいないってことがよくわかりますね!案ずるより産むがやすしってことです!このキリマンジャロ登山スタディツアーもそう!何事もきっとそう!

一見できなさそうに思えても、挑戦してみると意外と何とかなる壁だったキリマンジャロでの体験を、毎朝の朝食時に思い出して今日も一日楽しも!って意味のBreakfast Wallっていう私なりの解釈をしてみました!(100%ちがう)

壁をこえてどんどん歩きます!

ここを乗り切るとカランガキャンプです!がんばれ!

そして、カランガキャンプで一休み!ポーターさんがやっぱりいろいろ準備してくれています…ありがとうございます!!!

いよいよ最終キャンプ地バラフキャンプへ!

ちょっとみなさんこれ見てください!

過去参加者の方が撮ってくれている写真の中に私のワクワクをウルトラハイパーマックスまで引き上げるものが…!!!何か文字が書いてあるんですよ!!!!なにこれ!!!誰が何のためにいつどうやってこれを残したんだろう?って妄想を広げるのがめっちゃ楽しいです!

某テーマパークの隠れ〇ッ〇ーみたいに、カランガキャンプあたりから血眼で探そうと思います!絶対誰より早く見つけてやるぅ!と謎の闘志を燃やしてます!!挑戦者募集!!!

バラフキャンプまでの道のりをどんどん歩いて歩いてで、まだまだ歩く!!!

きっついんだろうな~と思っていたら、超楽しそう!!

うんうん!!こういうのいいですよね!!きつくないわけがないんですけど、それすらも楽しんでますね!最高!!!素敵なチームです!!!

ついにバラフキャンプ4600mに到達!!みなさん、すっごくいい表情をしてますね!!

ここで、昨日のラヴァタワーでの高度順応の頑張りがいきてくるはず!

昨日の時点ですでにこの高度を経験している私たちの体は、いよいよアタック(頂上にいくこと)への準備ができています!マチャメルート素敵!!

アタック直前、ウフルピークに思いをはせる私たちを幻想的な夜空が包みます。プラネタリウムの解説の人みたいな文章書いてみたんですが、実際この夜空を目の当たりにしたらどんな感想になるんだろうか、写真では「うわあきれい」で終わりですけど、絶対そんなもんじゃないですよね!みんなで目に焼き付けてきましょうね!!!

それでは、明日のアタックに備えてしっかり休みましょう!

konomi
それでは今日のブログはここまでです!明日はいよいよウフルピークへ行きます!長かったような短かったような道のりでした!ブログで日程を追って説明してるだけでもちょっと今ドキドキしてます!!

2020年3月キリマンジャロ登山スタディツアーの詳細は??すべてここに!

【残り1名!】2020年3月キリマンジャロ登山スタディツアー!アフリカ最高峰5895mへ!

2019年10月1日

最後に

ここまで読んで頂きまして本当にありがとうございます。お気軽に下記よりご連絡お待ちしております!

 
Facebookページでほぼ毎日情報配信中!
【無料メール講座】MOTIProjectのスタディツアーが毎日1分で読める!

 

MOTI
分かりやすくメールでMOTIProjectのスタディツアーを紹介するメール講座を作りました!通学中などに効率良く!毎朝届きます♪

mail