【2019年3月アフリカスタディツアー】タンザニアってどんな国?魅力を大公開!Part1♪

しおん

ジャンボ!リーダーのしおんです!未知の国・タンザニア、その魅力をお伝えしていきます!!

第一弾は、タンザニアの基本的なお話をします♪

 

これまでのブログを読んで、タンザニアに興味を持ってくださった方がいて、続々お問い合わせをいただいています!とっても嬉しいです☆

しかーし!

「どんな国なの?」「アフリカ、危なくないの?」「住んでいる人たちはどんな人たちなの?」「どんなものを食べてるの?」「どんなものがあるの?」

などなど、まだまだたくさんの疑問を持っている方も多いはず!

 

そこで、今回は!

『タンザニアってどんな国?』

をテーマに、タンザニアのいろはについてお話していきたいと思います!!

 

タンザニアって、どんな国?

 

正式名称:タンザニア連合共和国

 

国土面積:94万5000平方km→日本の25倍!

 

位置:東アフリカ

よく「アフリカって危なくないの?」といわれますよね。でも大丈夫!実は、東アフリカはアフリカ大陸の国々の中でも、病気などがあまり流行らず、治安もいい国が多いのです!

心配な方は予防接種をおすすめしていますが、「このワクチンを打っていなければ入国できない!」ということはありません!

 

民族:スクマ族、マコンデ族、チャガ族、ハヤ族 などなど、、、約130部族

 

気候:砂漠気候、亜熱帯気候(1年間ずっと暑い!)

日中はとっても暑いそうです!半袖半ズボンで過ごすのは当たり前、、、ですが日差しは強いので、日焼け止めは必須アイテムです!!ちなみに夜は冷え込むそうです…上着必須!

 

言語:公用語は英語、国語はスワヒリ語!その他にも部族によって独特の言語もあることから、数多くの言葉が国内で話されています!!

このツアーでは、マサイ族、ハザベ族、ダドガ族に会いに行きます!それぞれの部族の言葉を教えてもらって使うのも楽しそうですね☺

 

国旗:

国旗に使われている緑、黄色(金色)、黒、青は、それぞれ国土と農業、豊かな鉱物資源、国民、インド洋を表しています!

自然も資源も海も人々も、すべてが豊かなタンザニアを象徴しています!!こんなに素敵な国で、笑顔で過ごす術を覚えたら…帰国後も全力で楽しい毎日を過ごせそうですね!!

 

実は日本語に近い?使えるスワヒリ語!

 

というわけで、タンザニアの国語スワヒリ語で自己紹介をしてみます♪

 

Jambo! ジャンボ (こんにちは!)

Jina lang ni Shion. ジナ ラング 二 シオン (私の名前はしおんです。)

Mimi ni Mjapani. ミミ 二 ムジャパニ (私は日本人です。)

 

スワヒリ語は、日本語と発音が似ています!文字も、ローマ字読みすればOK♪

他にも、

Asante. アサンテ (ありがとう!)

Asante kwa chakura. アサンテ クワ チャクラ (ご飯ありがとう…いただきます)

Chakura kizuri sana. チャクラ キズリ サーナ (ご飯とてもおいしかったです…ごちそうさまでした)

Kwa heri. クワ ヘリ (さようなら)

などなど!

 

しかし、日本語ではなんてことない言葉が、スワヒリ語では全然違う意味になってしまうこともあります…!

たとえば、

「マジ!?」という言葉…スワヒリ語では「水」という意味になったり、

「サバ」という言葉が「7」という意味になったりします!

 

日本語と違う意味になっても、同じ発音の語がたくさんあると、親近感を覚えますね

 

出発前ミーティングでは、みんなでスワヒリ語を少し勉強します!

みんなでスワヒリ語のあいさつをマスターして、仲良くなりましょう☆

 

 

自然が豊かなタンザニア!

 

国旗にもあるように、タンザニアはとーっても自然が豊かです!世界自然遺産が3つあります!

 

1つめ キリマンジャロ国立公園!

赤道直下でありながら、氷河が広がるキリマンジャロ!

MOTIprojectのスタディツアーでもキリマンジャロ登山のツアーは毎年大人気です☆

「輝ける山」という意味のキリマンジャロ。

植物も、5m近いものが現れたりと、日本の山では考えられない神秘的なものがたくさん!

このツアーでも飛行機はキリマンジャロ空港に到着するので、植物や動物を見ることはできなくても、天気が良ければ飛行機の窓から綺麗な山が見えるかも!?

 

2つめ セルース猟獣保護区!

猟獣保護区、というと、「狩りのための保護区!?」と思いますよね。

しかし現在は狩猟は禁止されているようです。

大型哺乳類がたくさん生息しているここは、世界最大級の動物保護区です。

 

3つめ セレンゲティ国立公園!

「セレンゲティ」とは、果てしなく広がる平原、という意味!

その名の通り、キリマンジャロの広大な裾野に広がるサバンナです。

自然保護を目的として、国立公園に指定されました。

キリン!

シマウマ!

動物との距離がとっても近い!!

また、近くには、ンゴロンゴロ自然保護区という、火山の噴火によってできたクレーターがあります。その広さ、なんと山手線の内側ほど!!

その区域内にはオルドバイ渓谷という、人類発祥の地もあります!私たち人間がここから生まれて、進化してきた場所です!

今回のツアーでもセレンゲティ国立公園、ンゴロンゴロ自然保護区、オルドバイ渓谷に行きます!

また、セレンゲティ国立公園内でキャンプもできてしまいます!!

電気もなく建物もなく、大自然に囲まれて、静かな時間を過ごせます。

仲間と語り合ったり、めったに見られない動物探しに夢中になったり、キャンプの夜は星空を見上げて…今からワクワクが止まりません!!

 

まとめ!

今回のブログではタンザニアの基本情報についてまとめてみました!

未知の国タンザニア、少しでもわかっていただけたでしょうか?

 

しかし!まだまだこれだけではありません!!              

どんな人が住んでいて、どんなものを食べていて、どんな生活をしていて…

この後もどんどんタンザニアの魅力についてブログを更新していきます♪

タンザニアへの憧れとワクワクをいっしょに募らせましょう!!

 

春のスタディツアー合同座談会、開催します!

8/29(水) 20:00~、代々木上原にあるMOTIオフィスにて、「2019年春のスタディツアー合同座談会」をやります!!

南米、キリマンジャロ登山、そしてもちろんタンザニアも!

スタディツアーの過去の参加者が集まって、各国の魅力、そしてMOTIprojectのスタディツアーの魅力について話してくれます!

「興味があって、もっと深く知りたい!」「実際に行った人たちと話してみたい!」

そう思ったら、ぜひぜひ参加してみてください♪

 

2019年春、あなたがまだ知らない世界へ飛び出すきっかけを、一緒に見つけましょう!

詳しくはこちらから!

 

参加者募集中!

「もっとタンザニアスタディツアーについて詳しく知りたい!けど座談会は日にちが合わなくて行けない…」「東京は遠い…」

そんな方には、Web説明会を行っています!

 

スマホやパソコンから簡単に参加することができて、1時間でぎゅぎゅっとツアーの魅力について知ることができます!!

 

今後の日程は、

①8/26(日) 10:00~12:00

②8/28(火) 10:00~12:00

③9/2(日) 20:00~21:00

 

その他、個別に対応することも可能ですので、お気軽にお問い合わせください☆

お待ちしています!!

 

タンザニアの詳しい話を聞く!