【帰国後ブログ2019.9北欧スタディツアー】日本の良いところも再確認できた10日間!vol.10

みずほ
Moi! 北欧スタディツアー参加者のみずほです!私は、9月10日の8日目の活動についてお伝えします!

日本の良いところも再確認できた10日間!

私は、このスタディツアーで北欧の良いところをたくさん見つけることができました!しかし、北欧の悪いところも見ることがあり、そこから日本の良さを改めて感じることがありました。例えば、ものの扱い方。今回、北欧のスーパーマーケットに何度か行きました。そこで商品が床に落ちているところをたびたび見ました。そしてそれを拾う人もほとんどいない。日本ではそのような場面を見ることはほとんどありません。ものを大切に扱い、そもそも商品を床に落とさないようにする、もし落としてしまったら拾って元の場所に戻す、日本にはそんな優しい人が多いと思います。今回、北欧を様々な視点から見て、やっぱり日本は素晴らしい国だと思いました。

9月10日(8日目)のスケジュールはこちらです!

9:00 ホテルに荷物を置き、小学校を訪問
11:00 ヘルシンキ観光
15:30 ホテルに集合して、バスで港へ
16:30 フェリー搭乗、自由行動
19:00 夕食
22:00 リーダーわかへのサプライズ!
24:00 自由行動、就寝

朝食後、ホテルの目の前にある小学校へ。
学校の入口前の道路がおしゃれだった!
この小学校は、音楽・ダンス・デザインに特に力を入れている学校でした。私たちは3グループに分かれて授業を見学しました。私は、音楽と英語の授業を見学しました。
教室や授業を見て、日本と違って良いと思ったことを紹介します!
⑴生徒の机の向き!
日本の学校でいう班の形や、教室を囲むように円に並べていた。
⑵先生が生徒に全然怒らない!
他の生徒とおしゃべりしていても、授業に関係する話であれば怒らない。手遊びやお絵かきをしていても、怒らない。
→実際に一人の男の子が授業を見学していた私たちの絵を描いてくれました!
一人一人の個性を尊重し、「自由」を与えているな感じました。
⑶授業で使うスライドを動かすような授業補助を生徒にさせている!
これにより、パソコンの使い方も覚えることができる!
⑷教室の中に分別できるごみ箱がある!
これは、日本の学校でも見たことがありますが、もっとこれを取り入れる学校が増えてほしいです!

⑸教室に入って最初に「なにこれ?」となりました。
これは、生徒の体調やその日の気分を入力する機械だそうです。言いづらいことも入力すれば先生に伝わる!日本にも導入してほしいコミュニケーションツールだと思いました。

最後に、記念にいただいた水筒を持って校長先生と英語の先生とぱしゃり。
短い時間でしたがありがとうございました!Kiitos!!

小学校を出て、ヘルシンキの街を観光しました。
ヘルシンキ大聖堂とウスペンスキー寺院!
日本にないようなキリスト教のものがたくさんあり、少しだけキリスト教徒の気分になれました。

昼食は、たくさんテントが並んだマーケットへ。
それぞれメンバーは好きなものを食べました。他のメンバーにザリガニを一口もらったのですが、美味しかったです!

昼食後は、ムーミンカフェやヘルシンキ中央図書館に行きました!
ヘルシンキ中央図書館は外観がとてもかっこいい!
図書館の中も本当に図書館?と思えるほどリラックスして本を読める場所がたくさんありました。
こういう場所があると本を読みたくなりますよね。フィンランド人が世界一本を読む理由もここにあるのかな、考えさせられました。

その後は、いよいよフィンランドともお別れ、、、
最後に北欧スタディツアー恒例の場所でぱしゃり。

フェリーに乗り、スウェーデンに向かいます。さよならフィンランド、、、
今回のフェリーは、スウェーデンからフィンランド行きのフェリーよりも豪華でした!

フェリーでは、フィンランドのサウナを体験したり、免税店で買い物をしたりしました。

そして、夕食。
まほの誕生日サプライズ!おめでとう!

本日2回目のサプライズ。リーダーであるわかへ向けて、デンマークからフィンランドまで3カ国の様々な場所でみんなで「糸」を歌いました!
サプライズを受けて、わかが泣いちゃうのは当たり前だけど、私も感動して泣いてしまいました、、、
その後、みんな一人ずつスタツアの振り返りをしました。
みんないろんな思いがあってこのスタツアに参加したこと、これがみんなと過ごす最後の夜だと思うと、また泣けてきて、結局みんな泣いていました。
とても感動の夜でした!!

と、このように様々なことがあった一日でした。
私の中でもこの日が一番スタディツアーの中で思い出深い一日となりました!

この日のスタディ

デンマークの幼稚園に引き続き、私が一番興味を持っていた北欧の教育について学べました。このフィンランドの小学校訪問は、私の中で「教育」についてのカルチャーショックを受けることが多く、北欧の教育がいかに素晴らしいものかというのを実際に感じることができました。冒頭でも述べたように、日本の教育にも良いところはたくさんあります。この北欧の教育を日本の教育の中に全て持っていくことはせずに、日本の教育の良いところを残しつつ、日本の学校でも取り組めることから始めていくべきだと思います。

北欧スタツアを通して

北欧に興味を持っていたけれど、実際に行こうと踏み出せなかった時、この北欧スタディツアーを見つけました。見つけた瞬間に、「私にはこれしかない!」と思いました。実際に行って、本当に良かったと思っています。普通の旅行では体験することができないことをこの10日間という短い間に組んでくれたMOTIさん、Matin、そしてリーダーのわか!本当にありがとうございました!この10日間で本当にいろいろなことをスタディできました。出発前に立てていた、変わった自分になって帰ってくるという目標も達成したと思います。しかし、本音を言うと、10日間は短かった!三カ国、それぞれの国についてもっと知りたいと思いました。だから、私は必ずもう一度北欧に行きます!次行く時はこのスタディツアーで訪れた場所はもちろん、行っていない場所、例えばフィンランドのサンタクロースの街などに行ったり、オーロラを見たいです!
そして、この北欧スタディツアーを共にしたみんな!10日間本当にありがとう!みんなと出会えて本当に良かったです!

みずほ
次は英語のスペシャリスト、はるか!最終日のまとめをよろしくお願いします!

Facebookページでほぼ毎日情報配信中!
【無料メール講座】MOTIProjectのスタディツアーが毎日1分で読める!

 

MOTI
分かりやすくメールでMOTIProjectのスタディツアーを紹介するメール講座を作りました!通学中などに効率良く!毎朝届きます♪

mail