【2019年2月南米スタディツアー】参加者のみんなのブログ③〜ボリビアってどんな国?〜

陽子
Hola! 南米スタディツアーリーダーの陽子です!参加者のみんなによるブログ紹介も今日で3日目!今日は上野貴代ちゃんがボリビアについて書いてくれました!!あと二ヶ月後には行く国なのに意外に知らないことばかり、、、。たかちゃんありがとう☺️ぜひ最後までお読みください!!

ボリビアってどこにある?

 ボリビアは南アメリカ大陸の真ん中あたりにあって、面積は日本の約3倍。ブラジル、アルゼンチンなどの国と隣り合っています。だいたい日本の裏側って感じですね!スペイン語、ケチュア語などが話されています。

 日本から行くと2回は乗り継ぎが必要。行くだけで1日はかかります。今回のスタツアではバンクーバーとリマで乗り継ぎをしてラパスという都市に行きます!やっぱり地球の裏側に行くのは長旅ですね(^_^;)

ボリビアには何がある?

 今回の目玉の1つでもあるウユニ塩湖はボリビアにあります!でもボリビアにはウユニ塩湖以外にもいろいろあるんですよ!

4000m以上の山が連なったアンデス山脈、琵琶湖の約12倍もの広さのチチカカ湖など自然が豊か!世界遺産も7つ、無形文化遺産が2つあります。

その中で私が気になったのは無形文化遺産のオルロのカーニバル。実はリオのカーニバル、クスコのインティ・ライミと並ぶ南米3大カーニバルの1つなんです。200年以上続くカーニバルで音楽隊を率いて踊りながらオルロの街を行進していきます。踊る人たちは悪魔を模したディアブラーダ、インカ王国模したインカスという衣装など様々な衣装を着ています。

 

 

ボリビアの食べ物

 やっぱり海外旅行したらその土地のおいしい料理食べたいですよね!前回のミーティングでもみんないっぱい食べたいねって話にもなりました!

 まずはサルテーニャ。小麦粉で作った生地で炒めたタマネギ、鶏肉などの具材を包んでオーブンで焼いたものです。

 2つ目はシルパンチョ。ご飯の上に焼いた薄く大きい肉、目玉焼きを乗せたものです。ゴチャバンバという都市の名物料理です。

 最後にチチャ。トウモロコシを発酵させて作られるお酒です。15世紀に栄えたインカ帝国と深い関係があるとても歴史的な飲み物なんです!昔はトウモロコシを噛んで唾液で発酵させて作られていました。

まとめ

 今まで南米って日本から一番遠いし、詳しくは知らなかったけれど、調べてみると自然や食べ物などたくさん魅力があふれる場所だなと思いました!今回ボリビアについて調べてみて、さらに期待が膨らみました。ほかのメンバーとたくさん話し合って何をしたいのか、しっかり準備をして今回のスタツアを最高のものにしたいです!

陽子
たかちゃんありがとう!ブログを読んで自分ももっとボリビアについて知りたい!と思いました❣️出発まで残り二ヶ月を切りましたがもっとボリビアについて知っていきたいと思います!!