チチカカ湖とプーノについて

HOLA!ウユニマチュピチュスタディツアーリーダーのはるなです!

今日は今回のツアーでも行くチチカカ湖とプーノについてです!

チチカカ湖に面するプーノはアンデス山脈の中央に位置する標高3855mの小さな町です。

プーノ観光のメイン、チチカカ湖は、琵琶湖の約12倍の面積(8300km2)、最大水深は約281m、汽船が航行する湖です。

湖には41の大小の島々があり、昨日紹介したウロス島や秘境のスアシ島、タキーレ島、太陽の島(ボリビア)など様々な島が点在しています。

チチカカ湖は数少ない古代湖と言われています。古代湖とはおよそ10万年以上存続している湖のことです。

このチチカカ湖がペルーとボリビアの国境となっています。

チチカカ湖は、インカの創始者がチチカカ湖に浮かぶ太陽の島に降臨したという伝説が残る湖。

そして、チチカカ湖から様々な生活の知恵、石の技術やとうもろこしの栽培などがクスコへ伝えたことからインカの始まりの地ともいわれているそうです。

そんな神秘的なチチカカ湖、とっても楽しみですね!

IMG_1519.JPG IMG_1518.PNG
Facebookページでほぼ毎日情報配信中!
【無料メール講座】MOTIProjectのスタディツアーが毎日1分で読める!

 

MOTI
分かりやすくメールでMOTIProjectのスタディツアーを紹介するメール講座を作りました!通学中などに効率良く!毎朝届きます♪

mail

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です