【2019年2月南米スタディツアー参加者募集開始!】地球の裏側南米に、全国の大学生たちと平成最後の冒険を!!

世界は広く、自然の壮大さを感じる南米大陸。

新しい世界を見た私は新しい私を見つけた。
また戻りたい、また会いたいと思う仲間と出会い、

前よりもそのままの自分と今を大切に出来る12日間

大学生時代と人生をカラフルにする
想像のつかない自分に出会えるスタディツアー

 

大学生限定の超人気のプロジェクト。
私たちと一緒に想像もつかない世界へ冒険しませんか?

現在、このスタディツアーのプロジェクトメンバーを全国の大学生を募集しています!

 

大学生生活で本気で何かを成し遂げる経験に飢えて何かやりたくてうずうずしていませんか?

全国の大学生が対象です!大学だけのコミュニティで世界が狭い!
という事が一発で解消され同じ想いの刺激的な仲間と出会える場所です!
また、大学生限定での南米のスタディツアーは他にはありません!

 

全国からの大学生から問い合わせがありここに集まる理由とは??
大学生の今だからこそ経験すべき盛りだくさんの内容なんです!内容には本当にこだわっています!

☆彡MOTIproject南米スタディツアーとは?☆彡

自由な発想な学生メンバーで海外のスタディツアーを企画し、実現させる新しい渡航手段です。

海外生活を通じ、多くの仲間と共同体験をする中で、社会で必要な人間力、スキルを学ぶ事が自然とでき、さらには人とは違う海外経験もできるというとても大きなメリットがあります!!
短期留学に1ヶ月行くことと、スタディツアーを全国からの仲間と共に企画し、企画した事を海外で実行して短期間で目標を達成する・・そして参加した人みんなで価値観や感動を共有し合うことでは、学びの質、経験ともに圧倒的に差があります!

さらに様々な場所への訪問と現地の人との濃い交流をすることによって、「本当の自分を知り」「仲間の大切さ」「世界の現実」を海外渡航を通じて学び、帰国後に繋がる経験と一生涯繋がれる大切な仲間を得ることができます!

すぐに南米スタディツアーの企画書を見たい方はLINE@へ!

まずはこれを見て!3分で分かる南米スタディツアーってこんな感じ!

南米スタディツアーはこんな大学生におすすめなプロジェクトです!

南米へ行きたいけど、一人では不安な人!

普通の旅行では満足できず創り上げる旅がしたい人

新しい自分を見つけたい、成長したいと思っている人!

マンネリ化した大学生生活を変化させたい人   

人とは違う体験を海外渡航でしたい人!

今とは違う新しい仲間と出会い大きなことをしたい人!

学生生活このままでは終わらせたくない人!

全国の大学生の仲間を増やしたい人!

大学生中に日本から一番遠い海外へ行って価値観を広げたい人!

 

このプロジェクトのリーダーを紹介します!

リーダーになった理由は?

私は冒険的なことが大好きです。南米へはツアーなどで簡単に行くことができます。ですが、スタツアはツアーと違って、アクシデントあり、現地や一緒に行く仲間との交流ありと多くの魅力があります。そんなドキドキワクワクのスタツアを企画してまとめることは大変になると思いますがこの企画に関われば関わるほどこの旅は充実して一生の宝物になると思います。ただ観光で行くのではなく同世代の仲間たちと旅をしたい!と思ってリーダーに立候補しました。

このプロジェクトでリーダーを通してどんな事を成し遂げたいのか?

参加者全員がツアーの企画などを考えて受動的ではなく、主体的に動いて、みんなが挑戦した!充実した!一生の思い出になった!と言ってもらえるようなツアーにしたいです。

どんなスタディツアーにしたいのか?

メンバー全員が挑戦した!やりきった!と思えるスタディツアー!

一緒に冒険するメンバーを紹介!!

新メンバーが決まり次第どんどん紹介していきます!

このチャンスを逃さないでくださいね!一緒に南米のこのプロジェクトを成功させましょう!

現在定員まで残り14名となりました!!

今回のスタディツアーのテーマを紹介します!

テーマ:Great Last Adventure~平成最後の挑戦の旅~

今年は平成最後の夏。あなたはどんな夏にしますか?

人生はなにがあるかわかりません。今やりたいと思ってても、それが一生できるか分かりません!

こんなこと挑戦したい、でも不安…とか思ってませんか?!
ちょっとでもやりたいと思ったら私たちと一緒に冒険してみませんか?

刺激的な仲間とやりたいことを思いっきりして、一生の思い出をつくりましょう!

早く知りたい!南米スタディツアーってどこ行くの?

スライド13

まだまだこれじゃ伝えきれないけど!まずは行く場所や雰囲気が伝わればいいなと思います!

行く場所を全部まるわかり

ペルー:クスコ、世界遺産のマチュピチュ、チチカカ湖に浮かぶウロス島
ボリビア:コルチャニ村、2日間ウユニ塩湖、ラパス、ティワナク遺跡

成田からはメキシコを経由してペルーのリマまで乗り継ぎ時間も合わせると約38時間!そして南米の移動はほとんどバスとなりますが、その移動時間も長いところで10時間!南米の大地を駆け巡りながら飛行機では見れないアンデス山脈を見ながら移動していきます。途中も休憩もはさみながらなので安心してくださいね!
帰りは地獄の約33時間!!ラパスからリマを経由し、メキシコから成田空港へ向かいます。
長い時間ですが南米での旅を振り返れる時間としてとても良い時間だと思います。仲間と思い出にひたりながら日本へ帰国します!

何が他と違うの?南米スタディツアーの7つの魅力

①同世代の様々なバックグランドを持つ大学生と出逢える

スライド26

②ただ行くだけじゃない!自分達で考えた企画を実施出来る!

スライド27

2019年はこんなことしたい!

これは私のアイディアです!過去には、「ウユニ塩湖でマーチングしたい」、「現地の人におにぎりを振舞いたい」など参加者の自由なアイディアを実際に形にしてきました!

今回も集まったメンバーたちの゛やってみたい゛を絶対に実現させて夢を叶えたいと思います!
みなさんの、「こんなことしたいな」といったアイディアを何でも募集中!自由な想い大歓迎です♡

2017年はウユニ塩湖でマネキンチャレンジしてきました!

③出発前からスタディツアーはスタート!参加者交流と事前学習が出来る!

④観光で終わらせない!ペルー、ボリビアでの現地交流が豊富!

2018年南米スタディツアーでは、滞在最終日前日にラパスにあるコーディネーターよしさんのご自宅にお邪魔してホームパーティーを開催しました!滞在中に交流したラパス大学日本語クラスのみなさんも参加し、ボリビアの家庭料理を振舞ってくれました!
私たちは日本食のカレーやお好み焼きなどを振舞いましたが、一番人気だったのはなんと日本酒!
食べて、呑んで、歌って踊って!南米最後の日は夜遅くまで盛り上がり、現地の人と濃くて深い時間を過ごすことができました。
こんなディープな体験ができるのもスタディツアーだからこそ!普通の旅ではできません!!

⑤南米の最大の敵!長距離移動も仲間がいれば楽しみに変わる!

スライド32

⑥主体的に参加し、ただ行くだけでない海外渡航は未来を変化させる!

⑦現地を愛する人が紹介する南米こそ面白い!南米のエンターテイナーが全日程同行!

スライド34

以前テレビの取材をうけたよしさんの動画はこちらから

南米を本当に好きでそこで仕事が出来ている環境!そういう方と出会える事もとても価値があると思います!

自分の仕事に誇りを持って心から楽しんでいるよしさんの姿に、「将来なんてどうでもいいや」と悲観的だった参加者さんも、『私もよしさんみたいにプライドを持って働ける仕事を見つけたい!!』と衝撃を受ける人続出!
異国で頑張っているカッコイイ大人に会いに行こう!!

陽子
リーダーの陽子です!南米スタツアの7つの魅力、いかがでしたか?
ただ参加するだけじゃない、全国から集まった運命の仲間たちと0→1を創り上げていきます!
決まっているのはスケジュールだけ!あとは自分たちで自由に彩っていきます!


南米スタディツアーの詳細を直接聞きたい!方はLINE@へ!

南米スタディツアー参加条件・企画概要

企画概要
【期間】 2019年2月18日~3月1日(9泊12日)
【訪問国】ペルー、ボリビア【対象者】 大学生・短大生・専門学生
【参加人数】 15名限定 (企画者含む)定員になり次第締切
【費用】スタディツアー参加費用 699,000円(分割払いも可能です。ご相談ください)

費用に含まれるもの
1、滞在費 リマ1泊、マチュピチュ1泊、クスコ1泊、プーノ1泊、ラパス1泊、ウユニ3泊、ラパス1泊
2、食事 朝:9回、昼8回、夕7回
3、送迎 日程表に記載区間
4、観光 日程表に記載
5、ガイド 日本語or英語ガイド 
6、MOTIproject参加費 (日本から帰国後までコーディネーター西方の同行費用)

費用に含まれないもの
1、含まれるものに入っている食事代にはドリンク代は含まれません。
2、ドライバー、ガイドチップ 全部で合計 $180/一人(成田空港で回収します。アメリカ$に変更し当日お渡し下さい。)
3、おこずかい 1万~2万程度
4、海外旅行保険代金
条件:携行品損害、航空機遅延費用、航空機寄託手荷物遅延等費用、キャッシュレスメディカルサービスがあるものにご加入お願いします.

◎申し込み締め切り:限定人数達したら〆切 となります。申込みは必要書類と申込金入金確認後正式に参加となります。
旅行実施:株式会社いい旅 観光庁長官登録旅行業第1737号(社)日本旅行業協会(JATA)正会員 プロジェクト運営:MOTIProject

2019年南米スタディツアーの日程表

2018年南米スタディツアーのみんなと!南米へプチトリップ♪

2017年南米スタディツアーのウユニ塩湖は超ベストコンディションだった!!

 

日程を見てもまだまだピンと来ないあなたへ!まだまだある魅力を紹介します!

スライド18 ウユニ塩湖だけのツアーだとせっかく遥か遠い南米に来たのにそこだけしか知れません。
また、ウユニ塩湖は行くけどちょっとの滞在時間しかないしボリビアがどんな国なのかを知らないのは超もったいない!
このスタディツアーはそれら全てをクリアしたオリジナルの日程です!
ウユニ塩湖は朝から夜まで!それだけではなくボリビアの交流や現状も見て行きます!

ウユニ塩湖はたっぷり2日間堪能…でも、それだけだといくら絶景でも飽きちゃうし、もっとウユニ以外のボリビアを自分の足で見て回った方がお得だと思います!
時間や天候、ウユニの状態などを見て臨機応変に普通の旅では中々できないような様々な体験もできちゃうのがスタディツアーの魅力の1つです!

ウユニだけじゃない!マチュピチュの迫力は見た人が一番感じる!世界の中にまだ残っている絶景を自分の目で見て下さい!

スライド15

クスコは南米の中でも観光地化されていて少し刺激は足りないかも知れません。なので!現地交流を加える事とでより楽しむ事が出来ます!

存在を初めて知った人も多いのではないでしょうか?過酷な状況の中で暮らす人々との交流と生活を見る事が出来ます。本当に不思議な場所です!

スライド17団体で行くから自由時間が無いかも?と心配なあなた!思いっきり羽を伸ばして買い物や散策をしてください!ラパスでは自由な時間を設けたいと思っています!

MOTIProjectのスタディツアーに参加すると素敵な無料特典があります!

スライド12

南米では写真は命!色々なカメラで現地スタッフと同行するスタッフが皆さんの素敵な写真をとります!もちろん全部共有し自由にSNSなどへ投稿ください!そして、WIFIも無料で使えます!移動中もLINEなどで会話する事が出来ます!
そして、これから就職活動がはじまる4年生以外のみなさんへMOTIProject参加者の第一志望の内定率が90%になったセミナーへの無料参加も可能です!6時間みっちりとやります!南米といえばスペイン語!英語は出来るけどスペイン語はぜんぜんという参加者の為に!スペイン語講座で少しでも現地の人とのやり取りを覚えましょう!

もえ
Hola!コーディネーターの萌です。「南米は遠いから時間かかるし、アジアみたいに簡単に行けないから…老後に行けたらいいなぁ」って思っている人多いですが、私は絶対に若くて時間のある今に!行っておくべきだと思います!!!
なにせ、とてつもなく遠いので行くだけで超ハード!かなりキツイので修行並みですw
若いとお金の心配があるけど、絶対に体力のあるうちに行った方がより楽しめるはず!

南米スタディツアーの詳細を直接聞きたい!LINE@へ!

さらに魅力を知って欲しい大学生の為の大学生が必要な今を手に入れられるスタディツアー

スライド4

為に行く海外渡航手段です。

■MOTIprojectが大切にしている6つの約束

スライド5

人生において一生残る財産にする為に一人ひとり、一日一日を大切に考え抜かれたプログラムを提供しています。

☆彡代表福室さんのスタディツアーに対する3つの考え方☆彡

①ボランティアじゃない、リアルを知るスタディツアー!!

海外スタディツアーと聞くとボランティアを想像される方も多いかと思いますが、必ずしもそうではなくて、日本では体験できないこと、普通のツアーでは体験できないようなことを自分たちで考えて、実際にそれを体験してくるというところに重点を置いています。もちろん、ツアーの目的によってはボランティアもしますが、純粋に新しいことを体験する・吸収するということの方が発展途上にある学生にとって大事だと思うんです。私は、大学生に知って欲しい事があります。海外へ行く事もそれを知れる一番ですが、「現実」を知って欲しいのです。正直、現実から逃げているというか、それすらも知らないファンタジーの世界に漂っている大学生がいます。ただ、ちゃんと現実を見せて教えてあげるだけで大学生の成長は著しいです。社会に入ったら修正不可能な事も大学生の若い時代なら修正が聞くんです。本当に今の人は便利な事やサービスを受ける事が当たり前だと思っています。その便利さは裏で多くの人が関わって出来た事とか、支えられている事とか、今自由に生きれている幸せな事とか、その本当の事に気づいていない大学生が本当に多いです。だからこそ、私はこのスタディツアーで現実を見て欲しいと思っています。ただ、南米へ行って楽しいのツアーではありません。

もっと色々な現実を見て学んで欲しいと心から願っています。

例をあげると、、中学校とかでクラスの端っこで冴えないグループの一員って必ずいますよね?そういう子がもし来たとしたら徹底的にどこが今悪いのか全員で真剣に考えます。そして今の現実、悪い所、今どういう風に人に思われているか感じているかを伝えてあげます。超ショックだと思います。でもそのままだと破滅の道が待っています。気づくだけでも確実に変化していきます。

海外の素晴らしさと自分の素晴らしさに気づく為のスタディツアーです。普通の海外渡航と思ってきてしまうと、、多分今までと違う自分に出会えると思います。

②こんなに内容の濃くて、大学生の為に考えられたものは無い!

スタディツアーのターゲットは大学生です。2010年に大学生に出会って、私はその可能性に衝撃を打たれました。社会人よりもフットワークが軽くて、恐れないし、挑戦できるし、社会人以上のパフォーマンスが出来るでは無いか!と感じました。

そして、色々な個性がある事にも気づいて、それがなかなか日本の大学や社会で個性を理解されていない子達がいると思いました。そして結構孤独だったり。私にとっては、その個性が最強に可愛かったり、すごい!って感じるんです。変な人ほど大好きです。話し方とか仕草とか考え方とか、今まで見た事無いような人に出逢うと、一緒にスタディツアーに行きたいなと思います。

大学生が喜ぶ瞬間や、どういう事をしたらテンションが上がるか、学べるか、を2010年からスタディツアーのサポートを続けて熟知している為、参加者が集まって出発前に交流した時に日程の内容を細かく変更したり、付け加えたりして調整していきます

参加メンバーによって同じルートだったとして細かく変えて、説明や場所を回る時間だったりを調整します。だって、ショッピングが嫌いな人たちに、ショッピングの時間を長くとっても無駄ですしね!一日が充実して、毎日何かに感動し、感じて、勉強出来るのが私が考えるスタディツアーです!

③スタディツアー参加者や両親まで帰国後に「今まで海外行った中で一番良かった」と言われる理由がある!

楽しい事は最重要事項ですが、それ以外に一人ひとりがこのスタディツアーで何を学べるか、知って欲しいか私は真剣に考えます。それを滞在中に一人ひとりに確認していきます。
全員でつくる!一人ひとりの目標を達成する!ここに参加した意味を必ず気づいてもらいます。
色々なプログラムから、全員の気づきを体験からしてもらいます。もちろん全員が同じでないので、それも色々な場面でしかけていきます。
また、一日一日振り返るので嫌でも毎日が何をしたかクリアになり明日にも備える事が出来る為メリハリがつき、一日がどれだけ充実さたか気づきます。
一日、一日を大切に過ごして、翌日の準備や心構えができ、振り返れれば、毎日が目的あって楽しく多くの学びがあります!
海外にいきながら、楽しみながら、自然と色々な事が身につき、貴重な経験が出来るのが!スタディツアーのよさです!
一度行くともう普通のツアーはつまらないかも!

 

☆彡同行するコーディネーターの想い☆彡

Hola!南米スタディツアーでコーディネーターを務める西方萌です。
私自身は、今回で3回目の南米渡航となります。
大学1年生の時にMOTIprojectのアフリカスタディツアーに参加し、衝撃を受けたんです。
「こんなに最高に楽しい渡航経験があったなんて!」って!
全国から学年、学部も全てバラバラの大学生たちがリーダーの想いに引き寄せられ、そこから世界に一つだけの私たちだけのスタディツアーを出発前からたくさん考え、生み出し、挑戦しながら創り上げていく。共に新しい世界を冒険し、苦しい時も、辛い時も楽しい時も感動している時も、どんな場面も共有していく中でいつの間にか仲間の存在がとんでもなく大きなものになっていきます。あなたがまだ出会っていない大切な仲間たちと、想像以上の経験をしに平成最後の大冒険に行きませんか?
きっとあなたにとって、南米が忘れられないアナザースカイになるはずです。

☆彡MOTIproject代表の福室からの想い☆彡

私の人生を懸けて海外を通じて自分らしく生きる人を増やしたい!その想いでMOTIProjectのスタディツアーを立ち上げました。

生きている事はこんなに幸せな事、私には何不自由の無い体と家族、友達、すべてに恵まれて生きれているという事に嫌でも気づくことが出来ました。そして、私は目の前にいるインドの子供達を救う事が出来ない無力な人間だけど、今すぐに出来る事は今ある自分の人生を笑顔で一生懸命に生きる事が今、私に出来る唯一のボランティアだと思いました。それを気づかせてくれたインドへ行く日本人をサポートしよう!という情熱が湧いてきました。帰国後にインドの想いを胸に起業しインドへ行く人のサポートを開始しました。その想いはやがて、若い世代に必要な事だと感じていくようになり、過去の仕事の経験を活かしてスタディツアーという海外渡航手段の素晴らしさを知り、MOTIprojectを立ち上げました。

スタディツアーでは自分を見つめ直す時間となり、社会に出る前に必要な事を学べ、得る事の出来ると確信し、一人でも多くの若い力を伸ばし、自分らしく生きてこれからの人生において大切な事に気づくきっかけを作っていきたいと思っています。
是非一緒に人生に大切な事を見つけにいく旅にでましょう!

2018年南米スタディツアー参加者の声

2018年参加メンバーのより詳しい体験談はこちらもチェック!

【2019年2月南米スタディツアー】過去参加者のリアルな声を紹介①MOTIprojectなら金額以上の価値を必ず得られる!!

2018.09.05

【2019年2月南米スタディツアー】過去参加者のリアルな声を紹介②20年間の人生でダントツに最高な時間だった!!

2018.09.07

【2019年2月南米スタディツアー】過去参加者のリアルな声を紹介③私の夢を叶え、大学生活がガラリと変化した最高の初海外!!

2018.09.08

【2019年2月南米スタディツアー】過去参加者のリアルな声を紹介④涙が出そうなくらいの絶景を見たことある?他にはない卒業旅行を南米で!

2018.09.08

【2019年2月南米スタディツアー】過去参加者のリアルな声を紹介⑤迷っている時間がもったいない!もっと色んなことに挑戦したいと思えた10日間!

2018.09.08

【2019年2月南米スタディツアー】過去参加者のリアルな声を紹介⑥帰国後の大学生活を大きく一変させた旅だった!!

2018.09.08

2017年南米スタディツアー参加者の声

法政大学 白井佳奈さん

①一番印象に残っていることはなんですか?
まずは本当に素晴らしい景色をまいにち見れたこと!
もちろんマチュピチュやウユニ塩湖など有名な設計もすごかったけど、町中のものや雰囲気を身体全体で感じることができて刺激されまくりました!
あと、日本で普通に生活しているだけじゃ出会えなかった最高な仲間とたくさん出会えたこと!
同じ大学生でも、学校の友達とは全然違う考えや価値観を持っていて話しているだけで楽しかった!
また、自分で考えた企画を南米という超遠い所で実行できること!何も分からない中での企画だったけど、南米の大学生と企画を通して関われたことは本当にカッコいい!!って思います!こんな経験ができるところなかなかない!
あと、海外で働く人たちを見れたこと。こんなにきらきらして自分の仕事が大好きな人がいるんだ!ってびっくりしました。

②帰国後に何かTURNING POINTになったことはありますか?
正直、将来とかどうでもよかったけど、自分の仕事を心から楽しんでやっている人たちに出会えたことで、すごい憧れたので、自分の将来について本気で考えるようになりました。だからこそ、色んなことに挑戦できるようになりました!

③参加を迷っている人にアドバイス!
本当に色んな事を見て、聞いて、話して、感じることが出来るので、今、毎日つまらないと思っている人も絶対に何か変わると思います!私も最初は参加するかすごく迷いましたが、今本当に参加してよかったと思っています。ぜひ、一歩踏み出してみてください!

関西外国語大学 田松優華さん

①一番印象に残っていることはなんですか?
ウユニ塩湖1日目。車で初めは土道を走っていてだんだん塩の湖になっていくのがドキドキワクワクした!車を降りて裸足でウユニ塩湖に足を入れた時!帰りの車から見た星空が気持ち悪いほどの星だった!

②帰国後に何かTURNING POINTになったことはありますか?
気になることはすぐにやるようになった。くだらないことでも何でも!なんでも意味のないことはないって思うようになった。

③参加を迷っている人にアドバイス!
南米に行って何をやりたいかをしっかり決めて全力で楽しむために今から南米のことについて調べたり、こんなんしたい!っていうやつを見つけて帰国後展に後悔がないように!

慶応義塾大学 上坂尚樹さん

①一番印象に残っていることは何ですか?
マチュピチュ登山。登山の楽しさに気づいた。登りきったところから見える絶景は鳥肌が立つ。

②帰国後に何かTURNIG POINTになったことはありますか?
参加後からやらず嫌いをすることを辞め、気になることは挑戦するようになった!

③参加を迷っている人にアドバイス!
一緒に参加するメンバーから、多方面からの刺激を得られる。渡航のコンテンツの魅力は言うまでもない!

2016年南米スタディツアー参加者の声

満足度!120%!!参加者全員が最高と思えるツアーってなかなか無いと思います!
大変な事も含めて!是非参考にしてみてください!

あやり・國學院大学2年 満足度:120%

161675

12日間は長いようで短い期間ではあったけど、このスタディツアーで出会えた仲間は新しいことを発見する機会を与えてくれた人たちだから、特別な存在です!みんなに感謝!!ありがとう!!

せいか(左)・大阪大学2年 満足度:200%

161842

スタディツアーで学んだことは、世界の広さ・まだまだ私が知らない世界があるということ。地球の裏側では日本とは全く別の生活をしている人たちがいるということ。言葉が通じなくても笑顔で繋がれるということ。私は人とコミュニケーションをとることが好きということ。そして、人は温かいということ。大変なことがあったけど、それでも旅行が好きということ。
今行きたいところは、今行く。やりたいことは、今やる。自分の世界を広く持つ行動力を大切にしようと思えるようになした!ウユニ塩湖に行くという夢を叶えた事実が私の自信になっています!

青空・名桜大学2年 満足度:120%

161665

普通の生活で楽しみを忘れがちな私ですが、考え方などに本当に刺激を受けました。メンバーのみんなも個性的で楽しいスタディツアーでした!
ツアー後、新しい将来の夢「海外の子供たちに体育や専門分野を教えたい」が出てきました!自分にとっては大きな変化です!

ちか・関西外国語大学3年 満足度:100%

161844

南米に行けて本当によかった。すべての人との出会いが私の財産になりました。そして自分がやりたいって思ったことに挑戦できる環境、恵まれた環境で育ったことに改めて気付き、感謝の気持ちを持ちました。帰国して、夢を目指す覚悟ができました。

おーた氏・明治大学2年 満足度:100%

161847

同年代の子達と南米に行くという経験は、そうそうできるものではありません。マチュピチュやウユニといった単純に行くだけでも値千金の価値がある場所に加え、そこにお互いに刺激しあう仲間がいる。このツアーでの経験は間違いなく一生残るものだし、人生の糧になります。これから南米に行く人たちには、「全力で楽しもう!周りから吸収してやろう!」って気持ちを大切にしてほしいです!

さや(左)・東京国際大学1年 満足度:♥♥♥

161852

参加前の私は、自分から何かに挑戦することが苦手でした。誰かに話しかけることも得意ではないし、話もうまくありません。13日間でそう簡単に話がうまくなるわけはありませんが、メンバーのみんなが誰かと一緒にいることは楽しいことだと教えてくれました。新しい世界を知った私は、きっと新しい自分を見つけたはず。私にとって今回の出会いは本当に大切なものです!
南米渡航は、今考えると大きくて恐ろしい挑戦でした。でも、南米を選んで本当によかった!

りりこ・早稲田大学2年 満足度:120%

161674

スタディツアーを通して、今を楽しんで今を大切にすることを学びました。そしたら、周りとの距離も自分との距離も近くなった気がします。それに、周りの人を大切に思えたし、一瞬一瞬が過ぎるのが惜しいほどにかけがえのないものに思えました。
これから南米に行く人!南米、MOTIprojectをきっかけに自分が好きな自分になれていたらいいなって思います。もし、南米って聞いて、MOTIprojectって聞いて、わくわくしちゃったらもうそのまま行くしか!なんて思っちゃいます(笑)

もりけん・愛媛大学4年 満足度:120%

IMG_9910

主体的にならないと何も得られないけど、初対面の仲間とだんだん打ち解けていけるスタディツアー最高でした!ウユニ塩湖って最高!また行きたい!

ほりえもん・名城大学2年 満足度:100%

IMG_9911

「一瞬一瞬を逃さない!」をテーマに南米を過ごしました。素晴らしい人・景色との出会いに、みんなと南米に行けたことに感謝です。みんなありがとう!

ちー・大妻女子大学2年 満足度:100%

161670

目的を持って行動すると、何倍も楽しいし、学びになります。目に映る景色が変わります。リーダーをやって、明るくなった!強くなった!人に優しくなった!自信がついた!自分のことだけでなく、他人のことを考えるようになりました。
これから南米に行く人へ!気を緩めると高山病になりやすいので気をつけてね!南米は街を歩くだけで楽しいです!仲間がいるとさらに楽しい!

ハプニングあり!全日程天候に恵まれた、2018年南米スタディツアーの振り返りブログはこちら!

【2018年2月南米スタディツアー】旅の全記録はこちらから!振り返りブログまとめ

2018.07.09

ウユニ塩湖の美しさが半端ない!2017年南米スタディツアーの振り返りブログはこちら!

【2017年2月南米スタディツアー】帰国後振り返りブログ☆10日目!マイアミ ぶろぐ☺

2017.03.13

【2017年2月南米スタディツアー】帰国後振り返りブログ☆9日目!ウユニ→ラパスへ!歌と音楽とみんなの笑顔があふれた1日

2017.03.13

【2017年2月南米スタディツアー】帰国後振り返りブログ☆9日目!ボリビア最高学府 サン・アンドレス大学との交流!

2017.03.13

【2017年2月南米スタディツアー】帰国後振り返りブログ☆ウユニ塩湖でサプライズ!?

2017.03.13

【2017年2月南米スタディツアー】帰国後振り返りブログ☆8日目!踊って、おどって、日焼けしちゃった!~怒涛の1日~

2017.03.13

【2017年2月南米スタディツアー】帰国後振り返りブログ☆ツアー7日目!ウユニ塩湖2日目!

2017.03.13

【2017年2月南米スタディツアー】帰国後振り返りブログ☆ツアー7日目!ウユニ塩湖2日目!

2017.03.13

【2017年2月南米スタディツアー】帰国後振り返りブログ☆6日目!ラパスからついに待望のウユニへ!10時間バス移動!

2017.03.13

【2017年2月南米スタディツアー】帰国後振り返りブログ☆5日目!ペルーからボリビアへ

2017.03.13

【2017年2月南米スタディツアー】帰国後振り返りブログ☆5日目!ペルー→ボリビア 国境越え!!

2017.03.13

【2017年2月南米スタディツアー】帰国後振り返りブログ☆4日目!この旅の中で一番標高の高い街プーノ→チチカカ湖に浮かぶ葦で出来た島ウロス島へ

2017.03.13

【2017年2月南米スタディツアー】帰国後振り返りブログ☆出会って3日目の最高の仲間と!

2017.03.13

【2017年2月南米スタディツアー】帰国後振り返りブログ☆南米2日目!!いよいよ標高3000m!街歩きや交流でクスコ満喫☺︎!

2017.03.12

【2017年2月南米スタディツアー】帰国後振り返りブログ☆いよいよ出発!全員集合した1日目!

2017.03.10

トラブル多発!でもみんなの笑顔で乗り越えた!2016年2月の南米スタディツアーの振り返りブログはこちら!

【無事終了!イベントリポート!】6月19日帰国後展は70名の方に参加して頂きました!

2016.06.23

【2016年2月南米スタディツアー帰国後報告~ボリビア編~】

2016.03.16

【2016年2月南米スタディツアー帰国後報告~ペルー編~】

2016.03.13

【2016年2月の南米スタディツアー】私の大学生生活を大きく変えたスタディツアーリーダー経験!終わって思う事。

2016.03.02

☆彡よくある質問☆彡

Q1.地方で事前学習などに参加できないけど大丈夫ですか?また、事前学習は平日の夜ですか?

→全てに参加する必要は無いですよ!参加できない場合や、オンラインでの参加など地方の方でも交流出来るよう様々な工夫を行っていきます!また、参加者全員で今後の日程を決めていくので、なるべくみなさんがオンラインでも参加できるようにしています。安心してくださいね!

Q2.日本人は同行しますか?また、サポート体制はいかがですか?

→はい、全日程にコーディネーターの西方が同行します。現地到着から帰国前まで現地在住の日本人コーディネーターと現地人ガイドも同行します。日本では代表の福室が24時間サポートしますので、何かあった場合は即座に対応致します。
また旅行手配は旅行業第一種の会社のサポートもあり、現地の旅行会社や色々なプロジェクトのメンバーがサポートしています。

Q3. 治安は大丈夫?

  →もちろん世界一安全な国と言われる日本に比べれば、決して良い状況とは言えません。しかし、私たちのツアーには日本人が常に同行し、現地ではプロの現地スタッフも加わるのでご安心ください。

Q5. 英語が話せなくても大丈夫?

  →もちろん大丈夫です!安心して参加してください!言語だけがコミュニケーションの手段ではありません。また、互いに助け合うことができるのがスタディーツアーのいいところです。

Q6. 具合が悪くなってしまったら?

  →体調が悪くなった際は、速やかに現地の医療機関を受診します。このような事態に備え、旅行保険に加入していただきます。同行スタッフがサポートしますので、ご安心ください。

Q7. 申込締め切りはいつまでですか?

  →参加者が集まり次第締め切らせて頂きます。

Q8.定員に達した場合は選考ですか?先着順ですか?

 →先着順となっております。毎回大人気のプロジェクトなのですぐに埋まってしまう場合がございます。
お申し込みはお早めに!!!

南米スタディツアーの詳細を直接聞きたい!LINE@へ!

 

未来の自分に投資しよう!
スライド48

少しでも気になる方は詳しい企画書をお送りしますので下記のお問い合わせフォームからご連絡ください!

南米スタディツアーの詳細を直接聞きたい!LINE@へ!

気軽に参加できるオンライン説明会開催中!

seminar-motiproject

資料だけではまだまだプロジェクトの魅力が伝わりきれません!!
より詳しく理解してもらうために、オンライン説明会を開催し参加希望の方は全員参加してもらっています。

~オンライン説明会ってなに??~
zoomというSkypeのようなツールを使い、画面越しで直接話を聞くことができます。
オンラインなので、ネット環境とパソコンorスマートフォンが手元にあれば全国からどこでも気軽にご参加可能です!

詳しく話を聞いてみたい方、質問や相談したいことがある方は是非!ご参加くださいね!
ご希望の日時で約1時間30分ほどで終了します!


地方の方も気軽に参加できるオンライン説明会はご希望の日時に開催します!(リーダーと日程の調節あり)
少し興味があって雰囲気を知りたい方は一度お問い合わせフォームよりご連絡下さい。詳しい資料などお送ります!

場所:代々木上原駅徒歩5分のMOTIProjectオフィス
東京都渋谷区元代々木町10-11児玉ビル201

最後に、私たちからあなたの背中を押すエールを送ります!

陽子
最後まで読んでくださり本当にありがとうございます!グラシアス♪
少しでも興味がありましたら、是非!平成最後の今、私たちと一緒に地球の裏側南米に自分の足で冒険しに行きませんか?
後悔の残らない選択と挑戦をしよう!お待ちしています!