【2017年11月タイショートスタディツアー】5日間で20万ってぶっちゃけどうなの?他社比較をやってみた。

もえ
サワディーカー!タイショートスタディツアーコーデーネーターの萌です!昨日、参加者が1人決まってハッピー♪

ロイクラトン祭りに参加したい人、たくさんいると思います。どこのツアーに申し込みしようか考えていて、たまたまFacebookでMOTIprojectのスタディツアーを見つけて、詳細を見たら「参加費229,000円」。

…高いよ!他の探そう~って思ってしまった人!ちょっと待ってください!!今回のブログを最後まで読んでみてください!確かに、他のツアーよりも高く見えるけど、最後にはあなたの考え方がガラッと変わる!はず!

あ、ちなみにロイクラトン祭りについてはこちらから↓

【11月開催タイショートスタディツアー】さあ、憧れのラプンツェルの世界へ!ロイクラトンで一生ものの感動を!

他社比較その①超大手旅行会社のツアー

・期間:11月1日(水)~6日(月)の6日間

・費用:174,000円(1名1室の場合は195,000円)

・最少催行人数:2名

・添乗員:なし(但し現地日本語ガイド同行)

・食事:朝3回、昼1回、軽食1回

・コンテンツ:ゾウ乗り体験、首長族村訪問、ロイクラトン祭りのみ

 

<特徴とメリット> バンコクとチェンマイの自由行動が多い、チェンマイらしい観光がついている、最少催行人数2名、 3日目に寺院訪問の有料オプションあり

<デメリット> 添乗員が付かず移動は個人で行う、ツアーの半分以上が自由行動なら、個人でいった方が安い気がする

もえ
誰もが知っている大手の会社だから安心と信頼感はあり!ただ、自由行動が大半を占めているから、実質個人で行った方が安く抑えられるしお得感はあんまりない…?

他社比較その②有名な旅行会社のツアー

・期間:11月1日(水)~6日(月)の6日間

・費用:189,000円

・最少催行人数:20名

・募集期間:記載なし

・添乗員:あり 現地ガイドあり

・食事:朝4回、昼3回、夜3回

<特徴とメリット> チェンライとミャンマー、ラオス、タイの三か国の国境に行ける、 観光が充実している、添乗員と現地ガイドのダブルサポート、 ガイドの説明がよく聞こえるガイディングレシーバー付

<デメリット> 最少催行人数が20名、観光が充実している分最高値

もえ
ゴールデントライアングル!他のツアーを見ても他に行くところがなかった!ただ、20人集まらなかったら催行しないのは怖い!

他社比較その③手軽で自由な旅を提供している会社のツアー

・期間: 2017年11月2日(木)~5日(日)

・費用:羽田発着158,410円/関空発着169,410円

・最少催行人数:6名、定員49名!

・募集期間:10月3日まで

・添乗員:日本語現地ガイドあり

・食事:記載なし

<特徴とメリット> 東京と関西の2つの行き方があり地方の人でも行きやすい、コンパクトな日程で2泊3日でいける

<デメリット> お祭りがメインなので、それ以外の観光する時間はあまりない(実質滞在は1日なので、充実感は他のツアーに劣る)、この内容だと値段が高く感じる、49名もいたら仲良くなりにくい?名前も知らない人とかいそう

もえ
関空からも参加できるのは嬉しいですね!ただ、2泊3日でやれることも少ないうえにこの値段は高く感じてしまう…

だいたい値段は15~18万前後ということが分かりましたね!

「個人で行った方が断然安いし自由だから、個人で行こうかな」と思っている方もいるはず!個人で参加する方法もまとめてみました!

番外編!個人で行くにはどうすれば?

日本の旅行会社のツアーに頼らず、個人で行く場合は2通りの方法があります。

タイプ①現地のツアーに申し込む

<行き方>

①チェンマイまで自力で行く

②現地の旅行会社に行き、ツアーを探し申し込む

③ツアーが手配する移動方法で会場まで移動し、チケットをもらい参加する

<メリット> 日本発着のツアーよりも安い(内容によるが8,000円~35,000円程度) 席の確保やチケットの購入で並んだり、会場までの移動など面倒なことも代わりにやってくれる チェンマイには日本語対応の旅行会社がいくつかあるので言葉の面で安心

<デメリット> 満席の可能性もあり、確実に気軽にツアーに参加できるわけではない ホテル、航空券は個人手配だが、席が埋まってしまうこともある 旅行会社を探すのに時間と手間がかかる

 

タイプ②ツアーに参加せず、個人でチケットを手配する

<行き方>

①チェンマイからお祭りの会場「メージョー大学」までは車で40分かけて行く

②会場でチケットを買い、席を確保する

<メリット> とにかく安い! 100USD前後

<デメリット> ・会場までの移動が大変。乗り合いバスで行くのが一般的だが、当日は満杯でなかなか乗れない。チャーターもできるが、10~15人集めないと割高になる。帰りも夜遅いのに人混みの中を個人で帰らないといけない。安全ではない

・チケットが確実に購入できる分けではない。長時間並んだのに完売なんてことも…

・席を取るために早く会場に行かなくてはならず、開催まで時間をつぶさないといけない ・ガイドが付いていないので全て自分で行うので、言葉の壁がある場合はちゃんと楽しめないかも

もえ
うーーーん、安いけどその分、手間暇はかかりますよね…「それでも安さ重視で個人で行くぜ!」って思っている方にお伝えしたいことがあります。

実は、このロイクラトン祭り、もうチケットは販売を終了しています!しかも当日券の販売は一切行いません。また、世界中からこのお祭りに参加する人が集まるため、航空券も宿もほぼ全て埋まっているんです!!なので、もう個人でこれから参加するのは出来なくなっています。

というか、多くの旅行会社がチケットをまとめて購入するので、今後も個人で参加することはかなり難しいと思います!

なので、参加したい人は多少お金を払ってでもツアーに事前に申し込むしかないんです。びっくりですよね。私たちは今回なんとかこのチケット、航空券、宿の争奪戦を勝ち抜き、開催することができるんです!!

さて!じゃあMOTIprojectのタイショートスタディツアーはどうなのか?比較スタート!

MOTIprojectのタイショートスタディツアーはどうなん??

・期間:11月2日(木)~6日(月)の5日間

・費用:229,000円 (航空券、滞在費、日程内の食費、ガイド、観光、送迎等含まれてます!)

・定員7名:全国から募集中!

・対象者:大学生、専門学生、特別に社会人OK

・募集期間:9月30日

・添乗員:萌が同行、日本語を話せるガイドさんも終日つきます

・食事:朝3回、昼2回、夜4回

・コンテンツ:ロイクラトン祭りに参加、ドキドキ☆自然の中でキャンプ体験、自分たちで考える現地の人との交流タイム、現地の人しかやらない灯篭流し、お坊さんから説法を受ける、ゾウ乗り体験、山岳民族の村を訪問、最終日はフリータイム …濃い!

ぎっしりずきる!5日間でお腹いっぱいタイを満喫できる充実のスケジュール!

<特徴とメリット> 平日の夜に羽田集合なので仕事終わりの社会人も行きやすい!、飛行機は夜出発朝着なので時間のロスがなく終日楽しめる!、他にはないというか、日本人が滅多にやらないキャンプ体験、観光ツアーでは含まれない現地の人との交流する時間あり、ただ行くだけじゃない!メンバー全員で創り上げる世界に一つのオリジナルプログラム!

<デメリット> しいてゆうなら値段が他に比べて高い気もする。けど、充実ずきるスケジュールを見たらそこまででは?

すみません、ちょっと贔屓目が入っちゃいましたが、タイショートスタディツアーを比べてみるとこんな感じです。

あと付け加えるとしたら、MOTIprojectの特徴はメンバー全員で旅を最高なものにするために盛り上げていくこと!!

(↑体でMOTIを表しています!わかりましたか?笑)

何かというと、例えば、今回タイ1日目と2日目でキャンプをします。まず、タイでキャンプっていう発想も珍しいのですが、このキャンプといえば野外でみんなでワイワイしながら作るキャンプ飯が楽しみですよね!何を自炊するかはみんなで事前に考えていきます!日本風のBBQをやってもいいし、タイ料理に挑戦したり!

また、2日目の現地の人との交流する時間も、みんなで事前に何をするかを考えていきます。例えば、「本気でよさこいやソーラン節を踊りたい!」ってアイディアがあったら、みんなで衣装をそろえたり、鳴子を用意して練習していったり!

それに、4日目のバンコクの自由行動もみんなでどこに行って何をしたいかを事前に決めていきます!

タイに行く人は多くいるからもう色々やりつくした感はありますが、そこであえて他の人がやったことのないことをみんなで探して挑戦してもいいし!

ちなみに、2015年のタイショートスタディツアーでは、ヒールのある靴じゃないと入れないなど、ドレスコードのある高級ホテルの最上階にあるバーでパーティーをしたりしました!

ヒールなんて普段履かないし、バーなんて行ったことないので「これが大人の世界か…」ってみんなドキドキでした笑

他にも、タイを紹介するPVを作りたい~とか、他のスタツアでは、「ウユニ塩湖でマネキンチャレンジしたい」、「インドでわらしべ長者をやりたい」、「みんなでギネス記録に挑戦したい!」などなど自由な発想とアイディアを持ち寄って、出発前からみんなで準備して…「こんなことしたい!」っていう想いを挑戦できるし、行く前からプロジェクトは始まっているんです!!

また、帰ったらプロジェクトは終わり。というわけではなく!自分たちが体験したこと、感じたこと、学んだことをblogやムービーや帰国後展などイベントを開催したり!自由にアウトプットできるのも他にはない特徴!

行って帰ってくるだけでは勿体ないですよね。振り返りがあることで、より旅の価値や思い出を深めることができるんです!!

ただ行くだけじゃないんです。

出発前+滞在中+帰国後まで続くプロジェクトであり、そこに自分の自由な発想を盛り込んでさらに旅の価値を加えられる、唯一無二の5日間になるんです!!!

とか!みんなの自由な発想から色んな企画が誕生しています!

私たちは観光だけの旅を提供している訳でもないし、旅行会社でもありません。

なんなら、タイに行くことやロイクラトン祭りに行くことが目的ではないんです。ただ観光目的なら他の大手の会社のツァーを頼んだ方がいいと思います。

では、何を目的にしているのか?それは人それぞれ違うのですが、

「現状に満足していないから、打破するためのきっかけを掴みたい」

「弱い自分を変えるために一歩踏み出して挑戦してみたい」

「何かを成し遂げられた!という自信や勇気がほしい」

「いつも言い訳を探してやりたいことをやれていなくて後悔ばかりの日々を変えたい」

などなど、みんな想いを持って、何かきっかけを求めてここに来てくれたみんなに最高の体験を提供すること!共に創り上げていくこと!!

ただ楽しいだけじゃなくて、挑戦してみたら上手くできなくて悔しかったり、「自分ってこういうところが苦手なんだな。でも、やってみたら意外とこれはできるんだな!」とか、ただ観光するだけでなく挑戦した先に学びがあるんです。そしてその学びや気づきをこれからの将来に活かす。次に繋げるきっかけに出会う。そしてやりたいことに自由にやれる、

「未来を自分で選択できる人」を増やしていきたいんです。人生に大切なことを学んでいく。だからスタディツアーなんですよね!

 

最後にまとめると…

今回参加してくれるメンバーの1人がこんなことを言ってくれました。

5日間で20万は決して安くないけど、自分への投資だと思います!

まさにこの言葉です。

タイは安く気軽に行ける国です。でも、私たちはタイに行くことが目的ではなく、ここからみんなで人生を自由に思うがままに切り開いていきたい!毎日を最高に謳歌してほしい!そのきっかけになる第一歩がこのタイショートスタディツアーなんです!

だから、高いって思うのなら他のツアーを行った方が絶対にいいです!

現状を変えるために、未来を最高のものにしたいから、その為の投資として一歩踏み出してみませんか?

参加するだけの旅ではない、全く新しい旅をしませんか?

ーーーーータイショートスタディツアー開催概要ーーーーー

【日程】11月1日(水)~5日(日) ※10月31日の22時に羽田空港集合

【開催国】タイ王国

【対象者】大学生・大学院生・専門学生

【参加人数】10名(残り5名!)

【参加費用】229,000円

【申し込み締め切り】9月30日

【テーマ】STAY GOLD

【体験内容】ロイクラトン祭り参加、キャンプ体験、ゾウ乗り体験、山岳民族村訪問、現地の人との交流(事前に内容は考えます)、タイ流灯篭流し、チェンマイとバンコク市内観光、帰国後展開催など

少しでも気になったら、お気軽にお問合せください!スカイプやお電話等で詳しくご説明させていただきます!

ツアーの概要はこちらをチェック↓↓

【残り5名のみ参加者募集中!】2017年11月1-5日タイショートスタディツアー!STAYGOLD!輝来続ける未来へ!

【動画でよくわかるタイショートスタディツアー①】スタディツアーリーダー紹介

【動画でよくわかるタイショートスタディツアー②】タイの魅力を伝えタイ!

【個別WEB説明会を開催します!】

①19日の17時~20時の間でお好きな1時間

②20日の20時~22時の間でお好きな1時間

③21日の17時~22時の間でお好きな1時間

ご都合のいい時間で対応させていただきます!今回予定が合わない方は、別日でも対応しますので、お気軽にお問合せくださいね!

詳しい資料や個別説明会、WEB説明会に参加などのお問合せは!!

すぐに詳細を知りたい!の方はLINE@が便利

Facebookページでほぼ毎日情報配信中!
【無料メール講座】MOTIProjectのスタディツアーが毎日1分で読める!

 

MOTI
分かりやすくメールでMOTIProjectのスタディツアーを紹介するメール講座を作りました!通学中などに効率良く!毎朝届きます♪

mail