【帰国後ブログ・2019年2月南米スタディツアー】〜ラパスで現地の学生とホームパーティー!現地交流が一番面白い!〜VOL.7

takayo
Hola!2019年2月南米スタディツアー参加者のたかよです!気が付けば南米に来て7日目。もうこのスタディツアーも半分しか残っていないと思うと一瞬一瞬を大切にしなきゃなとより強く思い始めました。

帰国後ブログ7日目!2月23日(土)

-南米スタディツアー7日目スケジュール-
5:00 ウユニのホテル出発
13:00 ラパス到着
17:00 よしさんの家でホームパーティ

-楽しかったウユニとお別れ-

南米まで頑張って来てよかったと思わせてくれたウユニをこの日の朝出発しました。ラパスまでは来る時と同じように車で約8時間。出発が早い時間だったことと、この2日間ウユニで思いっきりはしゃいだ疲れで車の中ではみんな爆睡。私も気が付いた時にはラパスにだいぶ近づいていました。

ラパスに戻ってまずはお昼を食べに行きました。今日はボリビアにある日本食のお店。日本食がとても恋しくなっていましたが、私は正直、味はやっぱりボリビア人向けで日本で、食べるのとは違うんだろうなと思っていました。
しかし、料理が届いてみるとみんな感動!!!ご飯が!!!タイ米ではなくちゃんと日本米!!!しかも肉じゃがにお漬物までついている!!!移動での疲れと高山病で弱った体にとても優しい味。みんなつい無言で食べてしまいました。
私はかつ丼を注文。おいしくてお腹も心も満たされました。

-よしさんの家でホームパーティ!!-

お昼を食べてホテルに一度戻った後、よしさんと合流して今日のホームパーティの準備をしました。今回のホームパーティではレトルト食品や缶詰などを日本から持っていき、“日本の保存食のクオリティを感じてもらう”というテーマで準備をしました。牛丼のもと、親子丼のもと、インスタントのみそ汁、さばの缶詰、焼き鳥の缶詰、おもち、抹茶味のお菓子などを持っていきました。

ホームパーティに参加してくれたのは4日目に文化交流したラパス大学の日本語クラスの生徒さんのうち7人。ラパス大学の生徒さんたちは大きなピザを持ってきてくれて、みんなで乾杯をしてスタート!!みんなでご飯を食べながらいろいろなお話をしました。主に日本語でお話ししましたが、英語やスペイン語も交えながらたくさんお話しできました!7人のうち1人がすごく日本語が上手で、私たちの日本語をスペイン語に訳してくれました。みんなが何で日本語を勉強しているのか、私たちは日本でどんな勉強をしているのか、などなど…。みんなわたしたちにいろいろと質問してくれて、日本についてもっと知りたいという気持ちを強く感じました。

みんな用意した日本食を気に入ってくれたようで、みそ汁やご飯をおかわりする人もいました!とても嬉しかったです!

↑お餅を食べている写真

↑スマホを見ながら日本のアニメの歌を歌っている写真

日本のアニメはやっぱり人気!!日本人の私たちよりもアニメに詳しくて、逆に私たちが「それ何!?」となってしまうほど。ドラゴンボールやワンピースだけでなく、キャンディキャンディなどの昔のアニメも知っていました。アニメの主題歌などはスペイン語に訳されたものがあり、途中ではカラオケ大会みたいな感じになり、みんなで熱唱!

おせちの話をした時があったんですが、おせちについて説明しようと思ったら意外と1つ1つのおかずの意味について知らない!みんな焦って、スマホで調べながら説明しました。毎年おせちを食べていて知っているつもりだったのに、説明できなくて自分でも驚きました。

遅れて参加してくれた方の1人がボリビアのお酒、シンガニを持ってきてくれました!

シンガニはぶどうから作られているお酒で、ワインと似たような感じです。ジュースで割って飲むのが一般的みたいで、一緒にマンゴーのジュースも持ってきてくれました!
そしてここから宴会みたいな感じに!ボリビアでの飲み会の時にやるゲームで遊びました!
「ネコとネズミ」というゲーム。みんな円になって首に巻けるものを2つ用意します。1つは1回、もう1つは2回を隣の人の首に結びます。結ばれた人はそれをほどいて、隣の人に同じように結びます。これを繰り返して2つとも自分のところに来た人が負けというゲーム。

みんな負けたくない~と全力でやりました。とっても楽しかったです!!
次にボリビアの民謡?みたいな歌に合わせて隣の人の手を叩いていき、歌の後から数を数えます。最初に数字を決めて、その数の人は手を叩かれたら負け、逃げられたら叩けなかった人の負けというもの。歌の意味は分からなかったけど、やっていくうちにリズムは分かってきて、のってきました!!

途中でよしさんも参加!盛り上がりました!!
そして人間知恵の輪をしました。これは日本もボリビアも同じ。みんなで協力してほどきました!

遊びまくった最後にそば茶と抹茶のお菓子で一息つきました。

最後にはみんながそれぞれ感謝の言葉を。そしたら手作りのミサンガのプレゼントをもらいました!お店で売っているものみたいにきれいで手作りとは思えないほどのクオリティ!!

ーまとめー

ホームパーティに参加してくれてみんな本当に日本のことが大好きで、日本について知りたいと思ってくれていて、私たちにいろいろ質問してくれたことがとても嬉しかったです。アニメは本当に日本人の私たち以上に詳しくて驚くと同時に、私たちは全然ボリビアについて知らないことに申し訳ない気持ちになりました。実際私が友達に「ボリビアに行く」と話した時も「ボリビアってどこ?」と言われることが多く、今回のスタディツアーで学んだことをいろんなところで発信して、たくさんの人にボリビアについて知ってもらいたいと思いました。また、日本人自身でも日本の文化についてうまく説明できないもどかしさも感じました。日本の文化って世界中で人気があることは知っているけれど、私たちにとっては日常の中の1つでしかなく、知らない人たちに説明しようと思うと意外とできない。自分たちの文化についてもっとしっかり勉強しないといけないなとも思いました。

私個人的にはこういったボリビアの人たちの交流するのがこのスタディツアーの一番の楽しみでした。やっぱり人との交流は楽しいし、得られる知識もたくさん。住んでいるところはお互い全然違うからこその文化があったり、でも同じような遊びがあったり。そんな違いを学び、共通点を知ることができて、本当に楽しい1日でした!!

takayo
次の日はついにボリビアを出国してペルーに戻ります。今までお世話になったよしさんともお別れ。そして明日も移動の1日です。ようちゃんがお伝えします。ぜひご覧ください。

Facebookページでほぼ毎日情報配信中!
【無料メール講座】MOTIProjectのスタディツアーが毎日1分で読める!

 

MOTI
分かりやすくメールでMOTIProjectのスタディツアーを紹介するメール講座を作りました!通学中などに効率良く!毎朝届きます♪

mail