【残り5名募集!2019年3月MOECAMP@軽井沢】描く未来へ進むためには、仲間が必要だ。

まっつあん
今日は、春から自分らしく活きたいあなたへ、このキャンプをつくる私の想いをつづりました。

突然ですが、皆さんの大学生活は充実していますか?

「ただ学校に通っているだけで楽しかった、理想的な生活が出来ていた」

「毎日学校とバイトとサークルを往復する日々。たまに学校さぼったり、友達と旅行行ったり…苦しいこともないけれど、これといってすごく楽しみもない」

「学内では~を企画したり、学外では○○の会社と一緒に仕事してみたり、東京から九州まで行って、――という団体と海外で…」

きっといろんな大学生がいて、それぞれに充実のかたちがあるのではないでしょうか。

そこで皆さんに質問です。

その生活を続けていて、自分が望む未来はやってくるのでしょうか?

それぞれの大学生に私は聞きたいことがあります。

ただ学校に通っているだけで充実していたというけれど、そこには周りの人、環境が大きく影響しているのではないですか? それは当たり前のこと、と思っていませんか? そんなことは、ありません。その偶然は感謝するべきものであり、当然ではないと思います。

学校とバイト、サークル、ただを繰り返す日常。
時間に追われていませんか? “慣れ“ から少しずつてきとうになっていってはいませんか?
身体が機械のようになっていませんか? 行動の枠が狭くなっているのではないですか?

学内や学外、あちこちでたくさんの人に会ってたくさんのことをやっているけれど、やりっぱなしになっていませんか?  一つひとつが中途半端に終わってはいませんか?

もしも、どれかの問いに引っかかるところがあるのなら、

その生活、見直すべきではないでしょうか。 

                                                    

どうして私がそんなことを言うのか。

私は大学生活の前半、ろくに行動もせずに生きてきました。
毎日不安と不満ばかりで、目の前のことにまともに向き合ってこない日々を送っていました。もっと言えば、現状に目を背けていたとも言えるでしょう。

でもその生活から、ほんの少し離れて自分のことを見たとき、様々な方向から自分を捉えることができるようになりました

当たり前は当たり前なんかじゃない、ということ。自分はどうやって大学生の時間を使っていきたいのかということ。
そうして自分の考え方、学生生活の送り方を見つめ直して、あるときから言動を変えました。

それから本当にあらゆる場に足を運んできて、そのたびに自分を振り返り、ブラッシュアップを繰り返し、少しずつですが自分の大事にしているものも見えてくるようになりました。
やりたいことも方向性が定まってきました。

 

そうして、やりたいことが見つかると、一つ大きな存在に気付かされるのです

きっと事を起こしている人であればわかると思いますが、
それは 「仲間」 という存在です。

どれだけやりたいことがあっても、
一緒に活動を進めてくれる、手伝ってくれる存在がいなければ、活動は成り立ちません。
どれだけやりたいことがあっても、
その活動に興味関心を示して、ともにやりたい参加したい、と思ってくれる存在がいなければ、活動は実行できません。

そう、自分の想いが、やりたいが、かたちにならないのです。

だからこそ、自分の「~がしたい!」、その想いにのっかってくれる人たちの存在は大きく、とても嬉しく、感謝でいっぱいになるのです

私も自分の想いは、本当にたくさんの方の支えがあって実現できたものはたくさんあると実感しています。
もちろん一人でやった方がはやい、そんなこともあります。
でも、これからの時代、誰かと協働する、ということが必要不可欠です。

それに、考えてみれば一人でやれることなんか、ほとんどないです。
いつもそこには誰かがいます。誰かの力を借りて活きています、必ず

もしも、自分が受け身になっているだけなら、
もしも、ただただ突っ走っているだけなら、
きっと
自分が本当に欲しい未来を描くことができないし、

であれば自分が望む未来を手に入れることはできません

何を大事にして日々生きていますか?                                       どんな想いを背景に日々の活動に取り組んでいますか?
あなたが心からやりたいことを今もこの先も追いかけていけますか?

自分を振り返り、未来を語ることは、
自分の軸をはっきりさせる、芯を強く持つことにもつながってきます。

夢に向かって走り出すとき、その背中を押してくれる存在がどれだけいますか?

自分のことも、相手のことも知ったうえで、自分の向かう将来を、ほんの少しでも決めることができて、その道に進んでいける。

そして、やがて何かをやろうと決意したとき、成し遂げようとするときに、
応援して協働してくれる仲間がいる。

自分らしい未来を想い描いて、その未来をかたちにするための仲間を―――。

この2泊3日のキャンプ、素晴らしいものにしていきます。

想いが響いた方に、ご参加いただけたらと心から思っています。

 

締め切りは3月13日まで!!お早めに!!

いつ?どこで?何するキャンプ?詳細はこちらをクリック!!

【3/13締め切り6名限定募集!2019年3月MOECAMP】軽井沢の森の中で自分と、仲間とつながる3日間のキャンプイベント開催!!

2019年2月13日

ぜひぜひ読んでほしい記事はこちら!!

【募集延長!2019年3月MOECAMP@軽井沢】今のままでいいの?生き方模索中の大学生募集!

2019年3月1日

誰がつくってるキャンプなの?詳細はこちらをクリック!!

【6名限定募集!2019年3月MOECAMP@軽井沢】森のコテージを貸し切り!?キャンプを企画するユニークな2人を紹介!

2019年2月16日

=======================
2019年3月開催MOECAMP開催概要 スタートアップキャンプ
〜自分と、みんなと、つながる二夜〜

日時:2019年3月25日(月)〜3月27日(水)
開始時間:25日14時30分
終了時間:27日11時45分
場所:イングリッシュヴィラ
住所:長野県北佐久郡軽井沢町1891-122
参加費:20,000円
参加募集人数:大学生、専門学生、大学院生 限定6名(企画者2人を除く)