【参加者募集中!2019年3月アフリカスタディツアー】大学生の今、なりたい自分になろう!自分を変えるスタディツアー10の魅力 Part2◇

しおん
ジャンボ!リーダーのしおんです♪

昨日に引き続き!10の「なりたい自分に変われるこのツアーの魅力」を紹介します

 

・周りの友達や先輩が輝いて見えて、自分に無力さを感じている

・「大学生活、今のままでいいのかな」「もっと楽しみたいな」と思っている人

・変わりたいと思っていても、きっかけが掴めないで明日も同じことの繰り返し…と嘆いている

 

ドキッとした人!ぜひ読んでください!!

あなたの悩みが解決する糸口、タンザニアに探しに行きましょう!!

 

 

4◇固定観念がぶっ壊れる

 

(言い方だけ切り取るとキラキラ?って感じですが。。笑)

 

みなさんはアフリカというとどんなイメージを持ちますか?

わたしは、親にタンザニアに行くことを言ったとき、まず初めに「大丈夫なの?」と聞かれました。

 

アフリカは、貧困や衛生面など、どうしてもネガティブなイメージを持たれがちです。

そして、そこから「ボランティアで行く国」=「わたしたちが何かを与える国」という考え方をされがちです。

 

でも!

それぞれの民族で、それぞれのコミュニティや文化があって、、

生きる上で多少の不足はあっても、彼らは満ち足りた生活を送っているのです。

「足るを知る」を、肌で感じられる!

マサイ族、ハザベ族、ダドガ族という3つの民族と交流を持てるこのツアーだからこそできることです!!

 

衛生についてはこちらでペットボトルの水を配ったり、旅行保険に加入していただいたりと、しっかりサポートします!

だから、安心して飛び込んできてください☆

5◇言葉を超えた関係

 

タンザニアで使われている言語は、国語のスワヒリ語と、公用語の英語です!

(詳しくは以前のブログ(http://motiproject.net/studytour/2972)をチェック!)

 

「スワヒリ語どころか、英語もよくわからない…」

「言葉が通じないのにコミュニケーションなんて…」

 

ちょっと待って!

今わからなくても問題ない!です!!

 

大切なのは、心を通じあわせること、伝えようとすること

ボディランゲージでもなんでも、伝えようとする思いがあれば、伝わります!!

そうしてできたコミュニケーションは、あなたの自信に繋がります☺︎

もちろん!英語ができる人は、自分のことばで伝えて、もっと自分の世界を広げることができてしまうのです◇

 

6◇クレイジーな仲間

 

これはMOTIprojectのスタディツアーに参加して得られる、ほんとーーーーに大切なもののひとつです!!!

 

実際に、わたしがMOTIprojectで出会った仲間たちは、

・キリマンジャロ登山に挑戦して帰国後に就職活動スタート、すぐに内定をもらう

・移動手段がヒッチハイク

・アフリカや南米を縦断するコーディネーターの萌さん

 

などなど、クレイジーなエピソードをあげればキリがない!?

そんな仲間ができます!

 

触発されて、わたしも面白いこと、好きなこと、いろいろ企ててみようかしら…

そんなアクティブでクレイジーで人生楽しめちゃう自分も見つけられます!!

 

自分を認めれば、世界はもっと広がる!

 

今回も、読んでくださってありがとうございます!!

もし、あなたの悩みや、あなたがなりたい自分がこの中にあったら、説明会でぜひわたしの想いを聞いてほしいです☆

説明会はWebで行うので、いつでもどこでも受けることができます!

気軽にLINE@で聞くこともできるので、ぜひ登録してください

お問い合わせ、お待ちしています!

この春、地球上でいちばんクレイジーでいちばん自分らしく笑える体験を、タンザニアで!


Facebookページでほぼ毎日情報配信中!
【無料メール講座】MOTIProjectのスタディツアーが毎日1分で読める!

 

MOTI
分かりやすくメールでMOTIProjectのスタディツアーを紹介するメール講座を作りました!通学中などに効率良く!毎朝届きます♪

mail