【2018年8月モンゴルスタツア帰国後ブログ】~ゲルだけじゃないモンゴルの魅力って何だったのか?VOL.4~

トミー
リーダーのトミーです。大草原にさよならをし、シティモンゴルへ!本当にあっという間の5日間でした!

大草原とゲルとお別れのとき・・

4日目の朝、ついに大草原とゲルとお別れです。ナライハの滞在は短い期間でしたが、体感としては1ヶ月以上いた気がします。
9時には、ゲルで最後の朝食です。昨日の残りの羊肉と同じみのクッキーとミルクティー。ゲルに着いた初日に出たミルクティーは、みんな流し込むように飲み込んでいたのに、慣れたのか普通に飲めるようになっていました。
11時にゲルを出発する予定だったので、それまでは各自の時間を楽しみました。最初は全く出来なかった乳搾りも、コツを掴んでだいぶ上達しました。ともろーは、近くのゲルで遊牧民の方と薪割りをしたそうです。

最後に、遊牧民の家族へチェキをプレゼントしました!大人も子供も、不思議そうに見ていたことが印象的です。子供たちに渡したので、次の日には草原に落ちているのではないかとハラハラしますね…。遊牧民の中に、ひとりイケメンのオーグナーという男の子がいました。最後にチェキをあげようと、全員でワーキャー言いながら騒ぎ立てたことを覚えています。困ったような照れ笑いもイケメンでした!
名残惜しい気持ちいっぱいで、遊牧民の家族とゲルとお別れです。みんなで車に乗り込み、ウランバートルの中心地へ出発です。
初日に来た時は真っ暗で分かりませんでしたが、本当に草原の中を車で突き進みます。細い小川を渡ったり、道路で牛が横断していたり。個人的には、この車からの景色もとても心に残っています。

ちなみに、モンゴル人の車の運転はかなり荒いです。二車線しかありませんが、容赦なく前の車を抜かします。あと、道路がかなりデコボコで、みんな頭を窓に打ちつけながら仮眠をとっていました。
約1時間かけて、12時頃には今夜泊まるホテルに到着し、荷物を置きにいきます。もうこの頃には、大草原にいたことが嘘のようで、あっという間にシティモンゴルです。

シティモンゴルへ潜入!

地元のモンゴル人もよく利用する市場、ナラントールザハへ行きました。車を停めるために駐車場がものすごく混雑していて、活気が伺えました。以前はスリが頻繁に起こっていたそうで、バッグは常に前に抱えていました。
このローカルな市場の感想は、人が多い!そして、よく分からないものがたくさん売っている!

The モンゴル土産に最適なゲルや馬の置物から、謎のお面などなど。ガラクタの宝庫みたいだったなぁ、と振り返った今思います。日用品からお土産まで、様々なものが売っていました。市場での滞在時間は短かったのですが、数時間かけても回りきれるのかぐらいの広さがありました。

それから、私たちはモンゴルのお寺へ観光に行きました。ガンダン寺という仏教の寺院で、モンゴル最大級の仏像があります。モンゴルに来て、あまり宗教があることを感じませんでしたが、寺院に行くと改めて感じました。

それから、15時頃に遅いお昼をデパートのフードコートで食べました。やっぱり、羊肉の独特の風味を感じる料理が多かったですね!久しぶりのサラダを食べて、少し体に潤いを取り戻しました。

その後、モンゴル人起業家とのディスカッションに向かいました!この内容については、また別の記事で触れていきます。
ラブジャーさんのオフィスでディスカッションを終え、近くの料理屋で起業家の方も含め夕食をいただきました。聞きたかった話の続きや新しい起業家の方の話を聞けて、大満足のご飯会でした。
個人的に印象的な話は、みんな起業をしようとしてするのではなくて、起業をする必要性があったからしたという話です。〜を頼まれた、〜をしたいと思った、そのために起業をする必要があるからする。私は周りに起業家の知り合いがいないので、このお話は1つの発見でした。貴重なお時間をありがとうございました!

起業家の方とお別れをした後は、ショッピングモールでお買い物です!イメージは、日本のイオンですね。食用品からお土産、本や洋服まで何でも売っていました!21時近くでしたが、多くの人で賑わっていました。

満足するまで買い物を済ませた後は、最後の観光です。チンギスハーン広場です。

写真を見ていただくと分かるのですが、22時にもかかわらず活気に溢れています。幼稚園生ぐらいの子も元気に遊んでいました。子供がローラースケートで走り回っていたり、家族連れが歩いていたり、モンゴル人の日常が垣間見れました。

観光を終え、ホテルに戻ったら3日ぶりのシャワーです。もうこの気持ち良さというか、さっぱり感は最高でした。乾燥していて汗はかかないとしても、少しはベタついたりします…。
その後、メンバーがデパートで買ってくれたケーキを夜中に頬張りました。

最後の夜は、何人かで集まり、永遠と話していました。こうやって話す時間が、私はとてもとても好きです。5日前にほぼ初めて会った人達が、また会いたい人となる感覚もとても好きです。

成田空港についてたら・・

みんなに私が書いた似顔絵と一人ひとりに向けたメッセージを交換しました!

まとめ~リーダーをしてよかった!~

モンゴルスタディツアーでリーダーをして、自分の見たくなかった嫌な部分をたくさん見ました。だけど、それを認めながら、夢だったモンゴルにみんなと行けたことが私にとっての財産です。久しぶりに周りを気にしないで、思いっきり笑ったんじゃないかと思います。初日と最終日を比べて、たった5日間でこんなにもみんなのことを好きになるとは思いませんでした。リーダーをやったことで、やらなきゃ良かったと後悔したこともあったけど、自分のことを知れ、行きたかった場所に行けて、また必ず会いたいと思う人達が出来ました。

トミー
最後はともろーが起業家とのディスカッションについて書きます!!是非最後までみてくださいね!

2019年モンゴルスタディツアーに参加してみたい!興味がある!メルマガを登録しておく!

今年のプログラムはこんな感じでした!↓

来年は2019年13日~17日を予定しています!

【満員御礼】2018年8月モンゴルスタディツアー開催決定!

2018.04.14