【2019年3月アフリカスタディツアー】タンザニアってどんな国?魅力を大公開!Part2♪

しおん
ジャンボ!リーダーのしおんです!今日はタンザニアに住む人々についてのブログです☆ このツアーでどんな人々に出会えるのかもご紹介します~!!

2019年アフリカ・タンザニアスタディツアー、タンザニアの魅力を紹介するブログ第二弾!

今回はタンザニアの人々についてです♪

日本にいるとなかなか出会えないタンザニアの人々。どんな人がいて、どんな暮らしをしているのか?徹底解剖します!!

 

タンザニアにはたくさんの部族が住んでいる!

 

前回のブログでもご紹介した通り、タンザニアには130もの部族が暮らしています

ひとつの国にこんなに多くの部族が住んでいるのは、アフリカ大陸の中でもタンザニアくらいだとか!?

この部族がいくつか集まって、大きな都市を形成しています。

そして驚くのは…これだけたくさんの部族が住んでいるにもかかわらず、部族間での紛争が起きていないこと!独立以来一度も起こっておらず、ずっと平和な国なのです!!

その理由は、タンザニア人全員が共通してスワヒリ語を話しているから!

もちろん各部族の中で特有の言葉はありますが、、国語とするスワヒリ語は皆が話せます。

ことばが通じれば、話し合って仲良くすることができる!だからタンザニア人は部族紛争をしないのです☺

 

また、各部族が、得意なことを生かして、他の部族とものなどを交換しながら生活しています。

 

それぞれの部族が、いがみ合うことなく、助け合い支え合いながら生きている…とっても素敵ですね!

 

 

このツアーで出会える部族!

①マサイ族

アフリカの部族といえば、、マサイ族!と答える人も多いのではないでしょうか?

マサイ族は、お隣ケニア南部からタンザニア北部にかけて暮らしている部族!

 

ご覧ください、驚異の身体能力の高さ…!

ものすごいジャンプ力です!高い!!

外から来たお客さんを歓迎するために歌を歌ってくれるマサイ族。歌を歌いながら全力でジャンプ…体力がすごい!!!

また、「マサイ族って目がいいんだよね?」と思った方!そうなのです!

マサイ族の平均視力は3から5。日本人だと目がいい人でも1.0から1.8くらいなので、、、

ちなみに!サバンナで動物を観察するゲームドライブをしますが、ガイドさんはなんと1km先にいる動物の姿を見つけることができるそうです…!

(リーダーは視力が0.2くらいしかなくてコンタクトレンズをつけているので、想像もつかないです…。まさに未知の世界!)

 

②ハザベ族

ハザベ族は、「タンザニア最後の狩猟民族」といわれています。

今も、食料は自分たちで狩りに出かけて得ています。

このツアーではハザベ族の狩りに同行させてもらいます!目の前で狩りをしている様子、その体力やスピードは迫力満点!

そして実際に私たちも狩りを体験させてもらうことができます!!

 

③ダドガ族

ダドガ族は、金属加工をして、狩猟に使うものやアクセサリーを作って生計を立てています。

実際におみやげとしてアクセサリーを買うこともできます!

とってもおしゃれ!オリジナルカンガと合わせても素敵ですね♪

 

 

まとめ!

今回のブログはタンザニアに暮らす部族について書きました!

実際にその暮らしを体験させてもらったり、交流して仲良くなれるのもこのツアーならではの魅力!!

自分から心を開けば、現地の人々は歓迎してくれます☆

2019年春、アフリカで友達を作りましょう!!

 

お問い合わせはこちらから!

タンザニアの詳しい話を聞く!

お問い合わせお待ちしています♪

 

また、春のスタディツアー合同座談会も行います!詳細はこちら↓

【8月29日20時から!過去のスタディツアー参加者から直接話が聞ける!】2018年11月タイ&2019年春スタディツアー合同座談会やります!!