【帰国後ブログ】2018年2月南米スタディツアー※ついに帰国!人生で一番濃い時間の最後に待ち構えていた大ピンチとは!?※VOL.10

おじおじ
ついに大好きになった南米から日本に帰国します!ここまで順調だった私たちに最後に大ピンチが訪れました…!

Hola☀2018年2月南米スタディツアー参加者の尾島ひかるです!ウユニの夕陽が美しすぎて大ジャンプ!

今日は様々なお別れが、、、時間は待ってくれないですね。

もう帰国の時です!
いま振りかえってみて、本当に長いようで短かったあっという間の日々でした。
今は日本で平和に生活していますが、あの日々は夢だったんじゃないかってくらい怒涛でそして充実していました!

最後まで南米らしさを感じたお別れ

早速、朝4:00にホテル出発!
まだ日が昇る前にホテルを出ます!
大きな荷物とともにホテルを出てみんなボケーっとしながら車に乗り込みます
私も眠い目をこすりながらスーツケースを持ち車に向かいますが…

その車が車一台しか通らない狭い一方通行の道路に停めていたんです
そのせいで後ろの車をガンガン止めてしまい、、、
プチ渋滞発生!!
クラクションが鳴り響くのもおかまいなしに
ドライバーは私たちのスーツケースを車に積んでいきます
いいんです、南米だもの
この状況に私は目が覚めました(笑)
あわあわしてるのは私だけだったんでしょうか?(笑)

しょっぱなから南米らしさを体験しました!この感じももう終わりです!

ここでお別れ①ドライバーとのお別れ

コルチャニ村→ラパス間、ラパス→空港までお世話になりました。
道をよく間違えるドライバーさん(笑)
¡グラシアス、アディオス!

空港でチェックインを済ませて、ついにあの方とお別れです。

ここでお別れ②コーディネーターYOSIさんとのお別れ

いやあ、YOSIさんには本当にお世話になりました!
ペルーのリマからここまでずーっと。感謝してもしきれないですね。

最初に会ったときは真面目な方だと思っていましたが、だんだん打ち解けてとっても面白い人なんだなあと思いました(笑)

YOSIさんが愛する南米の話はもちろん、大学生だった時のこと、南米に来てからのこと、人生相談、恋バナまで、、、
人生の先輩に学ぶことは多かったです!!!!!

「疲れたら、南米にまたどうぞ!」と暖かい言葉をいただきました!
はい!疲れてなくても行きます!!

飾らない、ユーモア溢れる、素敵な人でした!
ありがとうございました!!
YOSIさん、チャオ!

地獄のアメリカ大移動が待っていた…!

税関を通り、搭乗時間までフリータイム。 私は朝ごはんを食べてかられーなと長椅子で寝ていました。

ラパス空港では思ったより日本人が多く 日本語がよく聞こえてきて違和感MAXでした!

帰りは ラパス→サンタクルス、サンタクルス→マイアミ、マイアミ→ダラスでダラスのホテルで一泊 翌日にダラス→成田です 予定では!!!!

みんな疲れていたので安全にすんなり帰れることを祈りつつラパスを出ます トータル約10hのフライト(乗り換え含む)を経て 16:30マイアミ到着! 順調!

かと思いきや またもアメリカンがやってくれました もうやめてくれ~(泣)

まあ厳密に言うとアメリカンのせいではないかもしれないですが 、マイアミ→ダラスの飛行機で問題が ダラス空港の天気が悪く着陸できなかったんです!

なので近く?のサンアントニオという所に一時着陸( ;∀;)

爆睡していた一同状況がつかめず とりあえずダラスではないどこかに着陸していることは把握。

機内で大分待たされ、 ダラスへ向けて再離陸! 21:54にダラス着の予定が遅れに遅れ 3:00頃ダラス空港到着… みんな疲労がピーク!早く荷物をとってホテルに行ってお風呂入ってベッドで寝たい!そう、誰もが思っていたはずです。

もうすぐホテルだ!と少しくワクワクしながら荷物が流れてくるベルトコンベアの前に張り付き荷物を取り上げます 。

、、、、あれ? 私のスーツケース 来ない。。。

まさかと思いました。 そのまさかでした。 ない!!!スーツケースがない!!!!

みんなのは届いているのに私のだけない! なんで私の!??私何かしたっけ~(泣) という気持ちになりました(泣) いわゆるロストバゲージです。

バゲージクレイムに私のスーツケースを探してと頼んでみたものの 遅延した影響で混んでるから引っ掛かってるかもしれないと言われ 待ちます。が、 遂に来ませんでした(泣) なので明日(その日)の朝また訪ねることに。

いやここまでやりますかーーーーー 追い討ちが痛い、、、
ここまでみんなに待ってもらって結局なくて、、、申し訳なかったです。

着いてすぐホテルに迎えの電話をかけたのに 私のせいで逃しました。

私電話するのが本当に苦手で。 でも電話して来てもらわないとホテルに辿り着けないので また電話しました。

「さっきはごめんなさい」と、「また来てください」と。

が、 その待ち合わせ場所が見つからない! ?!?やばい!また行ってしまう!

一刻も早くホテルにたどり着きたい我々は焦りつつダラス空港のバスロータリーを歩き回りました。

「ゲートA24の下の階に居て」、と言われたものの、 上の階にはあっても 下の階にはA24の表記がないんです。

困りました 。しばらく下の階にいたのですが 表示がない&人がいない&バス来ない で不安になり 色んな人に「A24はどこだ」と聞き込みをするも みんな違うことを言います…
上がったり下がったりを繰り返し とりあえず私たちは表示のある上の階にいました… でもバスが来ない 。また場所を間違えたのか…

深夜のこの状況に焦る人、「無」の人、寝る人、変わらず元気に他の話をする人(笑)、様々な人間模様が見えました(笑)

この自由さがこのグループの良さなのかもしれません(笑)私は好きです!

さらに待つも来ない… またホテルに電話します。「 また君たちがいないからドライバーは帰ったよ」と言われ 「タクシーを呼ぶから5分後にまた電話して」、と。

いや、いるし!どこだよ! もう嫌だ~~~ とテンションだだ下がりの中、待っていると他のバスのお兄さんに 「ホテルバスなら下の階だよ」、と言われ さっきから上がったり下がったりしてるんだけどなあと思いつつ下の階へ 居ないじゃーんと思ったら 居ました!!!

ドライバー 横の駐車場から出てきました! やっと会えた~!! こんな深夜にドライバーさんごめんなさいありがとう!

ホテルに電話し、会えましたよと伝えると、「 だから君たちが場所にいないから」と説教ぽいことを話し始めたので ずーっと待っていた私たちからするともうそんなの聞きたくないので、 いやいや私たちもずっとここにいるし!

人に聞いてもみんな違うこと言うからもうよくわからなかったんだよ!!と愚痴をこぼし。。最後にはごめんなさいありがとうと伝えました。

何はともあれバスに乗れたので良かったです! (ちなみに私は絶賛ロスバゲ中でしたがそんなことも忘れるくらいホッとしました)

※ダラス空港は横に広くて本当によくわからなかったです。 なんてったって表示が少ない!ダラス空港をこれから利用する方は要注意です!

やっとこさホテルに着いたのは朝4:00(笑) ホテルでは2部屋用意されていましたが みんな一つの部屋に集まりました!
仲良しかって!

夜通しトランプした組もいれば寝てる人もいて。 わたしはトランプしてた組です!寝るのが惜しくて!

ようやく日本に帰れる!!!

ホテル出発!滞在時間はたったの3h! 忘れかけていましたが 私は一人だけ身軽なまま。
スーツケースが空港に届いていると信じて向かいました。 ドキドキしながらバゲージクレイムへ。

そして遂に スーツケースとの感動の再会! ロストしていなかった! 良かったあああ!!!!

みんな眠さを通り越して覚醒し、成田行きの飛行機に乗る前はハイテンション!
これから13時間のフライトですが、長距離移動はこの旅で鍛えられたので何も怖くない!!

帰りの飛行機ではみんなへのメッセージを書いてました。想いがまとまらなくて大変だったなあ。

こんな短期間で全員が自分にとって大切な人になったと実感。嬉しかった。こんなに愛しい人たちになるなんて誰が想像したかな! 早く帰国したいような、したくないような気持ちになりました。

約13.5hのフライトを経て 成田到着! みんな元気に安全に帰国しました! スーツケース、 ありました!!

ゲートを出るとなんと MOTIさんが! お茶を持って待っていてくれました!! やっぱり日本茶ですね!ありがとうございます!

ここでみんなからのメッセージの入った色紙をもらいました!嬉しい!! 今は部屋に飾ってあります。宝物です。

みんなで軽くごはんを食べながら 旅の思い出に浸りました。改めて振り返ってみたら本当に毎日が濃くて色んな体験をして…「あんなことあったよね!」ってみんなでたくさん笑いました!

ここでお別れ③ ここまで旅をしてきたみんなとのお別れ

短い別れだとわかっていても寂しい!! 色々トラブルあったけどみんなだったから乗り越えられたって本当に思いました!
本当に本当に本当に!参加してよかった!!! このメンバーであの憧れの地に行けてよかった!!! 幸せ!!!!

!この12日間のスタディポイント!

・周りの人の偉大さ

私は普段人に頼るのが苦手ですが南米では周りに頼りっぱなしで(笑)
そんな風にさせてくれる周りの空気は素敵!もちろん私もみんなをお助けできたはず!(?) 持ちつ持たれつの関係でした!

様々な人が関わってこのスタディツアーが成り立っていること ここに書ききれないほどたくさんの人たちのおかけでこのスタツアは実現できていて、私は参加できていると! 改めて、みーーーーんなに感謝です。

・色んな新しい人と関わることの大切さ

数回しか会ったことのない人と一緒に旅をするのでさえクレイジーですが、さらに一人でも行かないような南米に行くなんて!
逆に一人じゃないから行くことができた!

私自身留学経験があり、様々な人と関わる楽しさは知っていましたが時が経つと忘れてしまい、怖くなります ですがこの旅でその素晴らしさを再確認しました。

気のおけない人々との間で過ごすのはこの上なく居心地が良いです。 でも一度そこを抜け出して新たに自分の世界を広げることはもっと素敵なこと!
刺激的でかけがえのないものが手に入ります!

新しい環境にわくわくする人もいれば不安になる人もいると思います。 私はどちらかというと後者です。
なので今回私はだいぶ思いきりました!結果オーライ! 空港ではじめましての人とかもいてこの旅どうなるんだろう、と思っていました が今ではそれも考えられないほど打ち解けてすごく大切な人たちです!

出会ってからの日の浅さを感じさせないほど! えいっと行ってみれば様々な冒険が私たちを待っていて 仲間との距離はぎゅっっっっと縮まります !

おじおじ
今回私の目標であった「実りある旅」は 達成されました!

このスタディツアーは人生の中で(まだ20年しか生きてませんが)ダントツに最高で良い経験でした。

これからの大学生活、就活、将来どうしようとずっと悩んでいた私ですが、南米という未知の場所で様々な人に出会い、色々な生き方を見て、将来を考え直すきっかけになりました。

自分が幸せだと感じることをしよう!と すごく当たり前のこと言っているかもしれませんが 私は忘れていました(笑)!
そう簡単にはいかないのが現実なのかな?!

とにかく!色んな人から色んな生きるヒントをもらいました。

いまは残りの大学生活をどのように有意義に過ごすかを考え中です! 今は未来がとっても明るいです!!ハッピーです!!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

2019年2月南米スタディツアー開催決定!詳細はメルマガへ登録!この冒険を次はあなたが!


Facebookページでほぼ毎日情報配信中!
【無料メール講座】MOTIProjectのスタディツアーが毎日1分で読める!

 

MOTI
分かりやすくメールでMOTIProjectのスタディツアーを紹介するメール講座を作りました!通学中などに効率良く!毎朝届きます♪

mail