【帰国後ブログ】2018年2月南米スタディツアー※南米最後の夜はスタディツアーならではの楽しみ方で締めくくる!!※VOL.8

あやの
南米最後の夜も普通の旅行ではできない、MOTIprojectのスタディツアーだからこそできる体験ばかり!最後の最後まで楽しみ尽くします!

Hola☀2018年2月南米スタディツアー参加者の綾乃です!
今日で楽しかったウユニともお別れです3日も居たのに本当にあっという間でした!

こうやって楽しかったことが過去になっていくんだな、、、。

と、まぁしんみりしましたが!!
私達には、まだ楽しみが残っています!!

この日、私達はウユニからラパスへ専用車で移動し、夜はガイドのYoshiさんの家でパーティーをする、という日程でした!これがこのスタディーツアーで正真正銘、最後のイベントです!

ウユニとの別れを悲しんいでる暇はありません!残り僅かだけど、まだまだ私たちの旅は盛りだくさん!でも、振り返ってみて…
ここまで濃密な数日間を過ごしたのは人生で初めてでした!

それでは、今回も朝から晩までてんこ盛りの帰国前日の私たちの旅路をご覧ください~!

さよならウユニ!いざ、ボリビアの首都ラパスへvamos!

今日も1日は早い!朝ご飯を食べて朝5時30分にホテルを出発!
朝食はバイキング形式だったんですが、時間が早すぎたせいか種類が少なかった。。日本だったらオープンの時間に全部並んでいるのになぁ。

でも、だからと言って腹が立ったりはしませんでした。この旅の朝食は毎回こうなので。むしろ、せかせかしない雰囲気が好きだなと感じました!

バイバイ、ウユニ!また来るね!

この旅中何回もお世話になった専用車に乗って、ラパスまで8時間かけて戻りました。

みなさんは、『8時間のバス移動』と聞いてどんなことを思いますか??
長すぎでしょ…、腰とお尻痛くなりそう…、退屈そう…飛行機で快適に帰ろーよ…などなどマイナスイメージを持つ人が多いのでは?

でも、この時の私は”8時間”という道のりを、そこまで遠いとは感じなくなっていました!
日本から南米大陸にたどり着くまでだったり、広ーいペルーボリビアを毎日何時間もかけて駆け巡ったので、全く苦ではありませんでした!

人はこれを「成長」と言うのか!と思いました。
※ただ単に感覚が麻痺しただけ。でも、やっぱり仲間が傍にいるからこそできる体験だと思います!


↑ボリビアの学生さんと話しながら移動したりもしました。誰かが傍にいてくれることで旅が何百倍も楽しくなる!

この移動の8時間は寝ている人が多かったです。この9日間、毎日夜遅くに帰って早朝出発&高地で活動&長時間移動が続いているので、さすがに若いとはいえ疲れは溜まります…ハードなスケジュールでは移動時間を駆使して上手く体力を回復するのはとても大事です!

ウユニを出発してから3時間ほどたち、ガソリンスタンドでトイレ休憩。ここのトイレは、やたら流した時の勢いが強くて驚きました!思わず後ろに飛び退きました(汗)

14時30分ごろにようやくラパスに到着!帰ってきたぞ~!!
数日前に来たのに、もう既に懐かしいな、、、。ただいま!

一旦ホテルに荷物をおろし、お腹ぺっこぺこなので早速お昼ご飯を食べに行きました!

何を食べたかというと、、、?

料理です!
意外に思いましたか?南米料理も美味しいけど、そろそろ南米以外の物が恋しくなるんです!

私達が食べたのは、チャプチェ(焼肉っぽい)や、キンパ(韓国ののり巻き)、海鮮スープなどなど。(みんなお腹減りすぎて無心で食べてたので誰も写真撮ってませんでした…!)

ここで、メンバーの一人のだいちゃんの食わず嫌いが発動!食べたことない物への警戒心が一番強かくて慎重に食べていました。
結局チャプチェは気に入ったみたいでした!良かった、良かった!

食わず嫌いが多い人、小食の人、見た目以上にたくさん食べる人など、この旅で皆の食の好みが垣間見れました!

昼食後はラパス市内を観光しました!

魔女の通りという道をYoshiさんに案内していただきました。ここは南米らしいカラフルでカワイイ雑貨を売っているお土産屋さんが数多く並んでいますが、その中に数件、魔女が通うようなお店もあるんです…!

未だに魔術を信じており、いかにも怪しい謎の薬や謎の薬草、置物などがずらりと置いてあります。
「一体、誰が買うんだろう…」というものばかりで不思議すぎる!

その中で私が忘れられないのは、リャマのミイラ!!!↑の写真の右上にあります!
嘘かと思うけど、店先に吊るしてあるんですよ!!怖っ!

流産してしまったリャマをこうしてミイラにして呪術に使うそうです。ある意味命を無駄にしないというか、、、。

他にもエケコ人形という幸福を呼ぶお土産もありました!

案内してもらった後は18時半まで自由行動になりました。

それにしても、この通り、、、怪しい物が多すぎる!!
形が奇妙なコップはよく見たらコカインの茶器だったし、ミイラあるし、怪しい薬が沢山だし!
本当に”魔女の通り”じゃん!!!

次は何処に行こうかな~と歩いていると、見覚えのある二人を発見!!スタディーツアーメンバーのおじと、玲奈です!
ふと、二人の手元を見ると

ウユニの塩チョコが大量!!まさに爆買い!

私と、一緒に居ただいちゃんも買ったので塩チョコの棚はすっからかんになりました!
塩チョコとは、ウユニ塩湖の塩とボリビア名産のカカオを使ったとっても美味しいチョコレートのこと!お土産に最適なんです!
人気だし、売っているお店が少ないので、見つけた時点で買うことをおすすめします!!

その後、私は単独行動になり、早めにホテルに戻りました。と、ここでハプニング!!

私の部屋の鍵がない!!!

フロントに確認しても、アナタの友達が持ってったよ、と言われました。

いやいや、部屋に誰もいなかったけど!!

どうしようか迷うこと数分。私に救いが現れました!

萌、航くん、とびちゃんがホテルのレストランに入っていくのを発見!!

ルームメイトのとびちゃんから鍵をもらいました!
良かった!すれ違いには注意ですね!トラブルも旅の醍醐味!

ボリビア×日本!食べって踊って交流して!!

自由時間の後は、Yoshiさんのご自宅にお邪魔させてもらい、5日目に交流したボリビアの学生さんたちと再会!お互いに自分の国の料理を振る舞いあうホームパーティーを開催しました!

ボリビアの学生たちはシルパンチョという料理を作ってくれました!

ご飯の上に大きな肉を焼いたものが乗っていて、野菜が添えてあります。ボリュームがあって美味しかった!ご飯は少しパサパサしてましたが。。

私達はカレーライスとお好み焼きを作りました!どちらも好評で嬉しかったです!

コンロの火がついたり消えたりするので、扱いが大変でした!標高の高さも関係しているらしいですよ!さすが南米!

夕食を終えた後、日本人もボリビア人もごちゃ混ぜになって皆で踊りました!曲はDESPACITO(デスパシート)。

今、世界中で人気のあるスペイン語の曲です。この旅のテーマソングと言ってもいいくらいたくさん聞いた思い出の曲です!

クラブに居るみたいで楽しかった!恥を捨てて盛り上がるのって大事!!ダンスが上手い下手とかは、関係ないです!
音楽やダンスは世界の共通言語!言葉が分からなくても一緒に踊るとみんなで一つになった気分になれるんです!

一般的な旅行だったら、中々現地の家庭にお邪魔する機会や現地の方とこんなフランクに接する機会はないと思います。
でも、スタディツアーで訪れたからこそ、旅行では中々知ることのできない現地の人のリアルな生活や人柄を知ることができます。だからこそ、遥か遠いボリビアという国が一気に身近に感じられるんです!
今まで全く知らなかった未知の世界をぐぐっと近くで感じられる!

他ではできないような特別な体験ができるのがスタディツアーの醍醐味!!

みんなで食べて踊って、語ったあの素敵な夜は忘れられない思い出深い時間でした!

Yoshiさん、学生の皆様、貴重な時間を割いて頂きありがとうございました!

ラパスの夜はまだまだ続く☆

ホームパーティーの後は、絶景で有名なラパスのロープウェイに乗りに行きました!閉店寸前でギリギリセーフ!!
シャッター半分閉まってたし。

クレーター状になっているラパスの街をロープウェイで登りながら見た夜景は最高でした!

特に街の灯りがオレンジと白だけなのが良かった!ラパスは谷に造られた街なので中心(谷底)に近いほどお金持ちが住んでいるそうです。昔の文化や民俗が残っているのに、ロープウェイとか近代的なものも混在していて、とても不思議な場所でした!あの夜景はもう一回見たいな。。

夜景を見て街に帰ってきた時点で23時すぎ。眠いし疲れてるし…ここで普通ならホテルに戻ります。
が、今日が南米最後の夜なのでまだまだ楽しみ尽くしたい!と思い、全員でそのままBarに行きました!本当に皆タフ。

バーはとってもオシャレでした!店全体が汽車をイメージしているらしく、壁なんかも鉄っぽい。天井からは何故かトランペットやトロンボーンが吊り下げられていました!薄暗さも相まって良い雰囲気!

それぞれが注文を終えたところでとびちゃん、萌、航くんからだいちゃんへサプライズが!何とこの三人、昼にラパスの魔女通りの超絶怪しい魔女のお店で何か分からない怪しい薬(マカ系)を買っていたんです!

残念ながらだいちゃんは帰国後の予定が詰まっていたこともあり、飲みませんでした。がその他全員が少しづつ飲みました!

特に変化なし。良かったような、物足りないような、、、。こういう変わったことを出来るのも若いときだけなのかな。

ホテルに帰ってたのは夜中の1時すぎ。朝4時に空港に出発なのでそれまではそれぞれ寝たりそのまま徹夜したり。とにかくハードスケジュールだけど楽しかった旅でした!

帰国した今、一番思うこと。それは…

私にとってペルーとボリビアは忘れられない国になりました。

とにかく遠いし、疲れるし、お金もかかるし…大変なことばかりだけどそれ以上に得るものや感じるものが予想以上に多くて絶対に学生のうちに行くべき場所だな!と実際に行ってみて思いました。

また社会人になってからも行きたいです。このツアーで日本がいかに恵まれているかもわかったし、同時に南米ののんびりした良さも感じられました!
人生に迷ったらまた南米に行きたいですね!!

あやの
このスタディーツアーを支えてくださった全ての方に感謝しています!本当にありがとうございました!!!では、ラスト一日。おじ、お願いしまーす!

2019年2月南米スタディツアー開催決定!詳細はメルマガへ登録!この冒険を次はあなたが!


Facebookページでほぼ毎日情報配信中!
【無料メール講座】MOTIProjectのスタディツアーが毎日1分で読める!

 

MOTI
分かりやすくメールでMOTIProjectのスタディツアーを紹介するメール講座を作りました!通学中などに効率良く!毎朝届きます♪

mail