【2017年3月キリマンジャロ登山スタディツアー】キリマンジャロ登山振り返りブログpart5 バランコキャンプ(3976m)~バラフキャンプ(4600m)

サワディーカー!じゃなくてジャンボ!
スワヒリ語に負けじと現地でタイ語を話し続けたなつです!

私からは登山4日目、どんな工程でどんな事があったのか紹介していきますー!

出発早々、私達の前に立ちはだかったのは「ブレックファーストウォール」という巨大な岩壁。
標高4000m代の岩登りは、体力はもちろん酸素もたくさん消費します…。
がしかし!
ふとした瞬間に背後を振り返ってみると、そこには絶景が!私達の宿泊地バランコキャンプもだんだん小さくなっていきます。
 

青空トイレも慣れたものです笑笑

やっとの事で岩登りを終えると、眼下にはすんばらしく綺麗な雲海が広がっていました!
雲のうえに乗ってるみたい!

……しかし…4日目の本番はここから………🌀

まずはお昼休憩地点であるカランガキャンプへ向かいます。ここまでくるとお腹がすいてきて、モチベーションは暖かいランチ。
歩けど歩けど着かない…
そして3900mまで下った先に見えたのはまた壁のように急な登り。

「ランチはあの上で食べるよ」
「………まじかーーー!!」
残されたエネルギーを絞り出し、ランチにこぎつけました。

皆エネルギーを補給し、気持ちも新たに本日の目的地バラフキャンプへ向け再出発!
ここからの道も歩けど歩けど着かない、ダラダラと長いもので…。
そしてここでもやってきた、キャンプ地前の最後の急な登り。キリマンジャロはそう簡単に目的地に着かせてはくれません。笑

写真なんて撮れませんよ、みんなしんどくて笑。

なくなりかけたエネルギーを絞り出す作業をまた行い、やっとの思いでキャンプについた時にはもう夕方でした。


しかし明日はアタック!しっかり食べて、しっかり寝て明日に備えます!

こんなに登ってきたのに頂きはまだまだ上に。

この時、あの上に立つ事が出来るのかとても不安に思ったのと同時に「やっと頂上に行ける!」というワクワク感、挑戦が終わってしまうという寂しさ…なんとも今まで感じた事がない気持ちを味わったのは私だけではないと思います。

さぁ!次回はとうとう登頂編です!
果たしてキリマンジャロの頂きに辿り着く事は出来るのか…?!
乞うご期待!

かずき
ここまで読んで頂きありがとうございます!次回は遂にアタック本番!お楽しみに!

Facebookページでほぼ毎日情報配信中!
【無料メール講座】MOTIProjectのスタディツアーが毎日1分で読める!

 

MOTI
分かりやすくメールでMOTIProjectのスタディツアーを紹介するメール講座を作りました!通学中などに効率良く!毎朝届きます♪

mail